1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:21:38.81 ID:ubzVd6t80
セイバー「何か動きが?」

アイリ「わからないわ……今、切嗣が探ってくれてるみたいだけど」

セイバー「ふむ……気になりますね」

アイリ「ええ……不安だわ……」


―遠坂邸―

時臣「いけません!!王よ!!」

アーチャー「何をいう。我の行いに口を挟めるだけの器量など、貴様は持ち合わせてはおらんだろう?」

時臣「それだけは!!どうかそれだけは!!!」

アーチャー「くどいぞ!!我の審美眼を疑うか?」

時臣「ですから……!!」

アーチャー「ふふ……さあ、この宝具がどんな力を持っているのか、見極めてやろう!!」

時臣「あぁぁ……!!!」

「―――だれですか?私の眠りを妨げるのはぁ……?」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:25:52.94 ID:ubzVd6t80
アーチャー「む……?」

「おんやぁ?」

アーチャー「貴様……口が利けるのか?」

「ええ、ええ。そういう貴方はどこの馬の骨で?」

アーチャー「ほう……玩具の癖に言ってくれるな。一度は許すが二度目は無いぞ?」

「あら、怖いですねえ。で、どこの路傍の草ですか?」

アーチャー「……」

時臣「王!!今すぐそのステッキを捨ててください!!この世の害を形にしたようなものです!!」

「酷っ!?」

アーチャー「お前……名はあるのか?最後の言葉として聞いてやらんことも無い」

「ありますよ?でも、あまりに高尚なんで、あなたのような傲慢な人に教えるのは気が引けますねえ」

アーチャー「……」

時臣「うおぉ……?!」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:30:42.60 ID:ubzVd6t80
アーチャー「貴様……我が誰が知らんようだな?」

「貴方も私を知らないでしょう?」

アーチャー「我はこの世の王!!ギルガメッシュなるぞ!!!」

「メインディッシュ?随分とお腹が空きそうな名前ですね」

アーチャー「……」

時臣「王!!早く手放してください!!」

アーチャー「許さん……」

「ん?」

アーチャー「我をここまで弄したこと……死をもってしても償えんぞ!!」

「あら?怒りました?ごめんなさい」

アーチャー「謝罪はおろか命乞いも耳には入らん!!」

「えー?なんて耳の遠いお方なんでしょう。ルビー、困ってしまいます」

アーチャー「死ね!!!玩具がぁぁぁ!!!!」

ドォォォォン!!!

ルビー「あーれー」


続きを読む