Fate

セイバー「……………………」切嗣(セイバーがテレビ見てる)

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:11:03.21 ID:Cy2S9xvU0
アインツベルン城

セイバー「……」ジーッ

切嗣(珍しいな……どんな番組をみているんだ……?)

切嗣「……」ソーッ

テレビ『ほむらちゃん!!』

切嗣(アニメ……?)

セイバー「……」ジーッ

切嗣(サーヴァントも随分と俗だな)

テレビ『まどかぁー!!!』

セイバー「……」ジーッ


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:13:07.68 ID:Cy2S9xvU0
翌日

アイリ「セイバー?」

セイバー「……」ジーッ

アイリ「あ、テレビ見てたの?」

セイバー「……」ジーッ

アイリ「……」

テレビ『ツインエンジェルにおまかせ!!』

アイリ「アニメなんてみるの?」

セイバー「……」ジーッ

アイリ(随分と真剣……邪魔しちゃわるいわね)

テレビ『エンジェルトルネード!!!』

セイバー「……」ジーッ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:15:08.35 ID:Cy2S9xvU0
翌日

イリヤ「セイバー?」

セイバー「……」ジーッ

イリヤ「ねえ、セイバー?」

テレビ『キュアブラック!!』

イリヤ「……」

セイバー「……」ジーッ

イリヤ「もういい」トテトテ

テレビ『キュアホワイトぉぉ!!』

セイバー「……」ジーッ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:17:14.02 ID:Cy2S9xvU0
翌日

切嗣「じゃあ、言ってくるよ」

アイリ「気をつけてね」

切嗣「ところでセイバーは?」

アイリ「まだアニメみてる」

切嗣「そうか……」

アイリ「今はコレクターユイっていうのをみてるわ」

切嗣「わからないな」

アイリ「私も」

切嗣「何かあったらすぐに連絡してほしい」

アイリ「わかったわ」


続きを読む

イカ娘「捨てられたでゲソ」凛「なんかいるわね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/18(火) 18:45:17.19 ID:TSCn7D/n0
千鶴「ごめんね?」

栄子「悪いな」

たける「イカ姉ちゃん……」

イカ娘「な、なんでこんな段ボールに……」

千鶴「海の家が経営不振でね……」

栄子「もうお前を養ってやれないんだ」

イカ娘「ちょ……」

千鶴「いい人に拾ってもらってね?」

イカ娘「待ってくれなイカ!!」

栄子「じゃあな、楽しかったぜ?」

イカ娘「嫌でゲソ!!!捨てないでくれなイカ!!!」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/18(火) 18:49:13.41 ID:TSCn7D/n0
イカ娘「………捨てられたでゲソ」

イカ娘「い、いや。私は地上を侵略しに来たのでゲソ!!晴れて自由の身じゃなイカ!!」

イカ娘「これからは自由気ままに地上を侵略してやるでゲソ!!」

イカ娘「あーっはっはっはっはっは!!!」

イカ娘「―――とりあえず、これからのことを考えないといかんでゲソ」

イカ娘「拠点は必要でゲソ……」

イカ娘「早苗……は危険。シンディーも危険。清美には迷惑をかけられないでゲソ」

イカ娘「……はぁ」

凛「ってことがあったのよ」

桜「へえ、そうなんですか」

凛「……ん?なんかいるわね」


続きを読む

凛「パソコンって何が出来るの?ただの箱でしょ?」セイバー「同意」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:00:59.50 ID:/q8SdcP80
学校

蒔寺「でさぁ、昨日ユーチューブでみた動画がすごくってさぁ」

氷室「ふむ。蒔の字の評価は当てにならんが」

三枝「どんなの?」

蒔寺「それがさ、普通の高校生が登校中にいきなり女の人を、あ、この女は美人で外人な」

氷室「どうでもいい」

蒔寺「なんと!!―――殺しちゃうんだ」

三枝「それがすごいの?」

蒔寺「ゆきっち、見てないからそういえるんだ」

凛「……」

凛(何の話してるんだろう)

美綴「遠坂?どうかしたか?」

凛「いえ、別に」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:05:02.70 ID:/q8SdcP80
凛「……」スタスタ

凛(お腹すいた)

士郎「遠坂」

凛「あら、衛宮くん」

士郎「今日、家に来てくれないか?」

凛「どうして?」

士郎「藤ね……藤村先生が話したいことがあるって」

凛「ふぅん……」

士郎「いいか?」

凛「ええ、構わないわ」

士郎「悪いな」

凛「いいわよ」

凛(どうせどうでもいいことなんだろうけど)


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:09:08.45 ID:/q8SdcP80
夕方 衛宮邸

凛「ただいまー」

士郎「セイバー、いるかー?」

セイバー「おかえりなさい、シロウ、凛」トテトテ

士郎「腹減っただろう、すぐにご飯の準備するからな」

セイバー「はい。お願いします」

凛「私の分もね」

士郎「はいはい」

セイバー「ところで、シロウ。昼過ぎにこのような物が届きました」

士郎「なんだ……?段ボールだな」

凛「誰宛?」

セイバー「シロウです」

士郎「俺?差出人は?」

セイバー「大河です」

士郎「藤ねえ?なんだ……?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:13:47.46 ID:/q8SdcP80
凛「とりあえず開けてみましょうよ」

セイバー「シロウ、よろしいですか?」

士郎「ああ、たのむよ。俺は食事の支度するから」

セイバー「わかりました」

凛「えっと……」ザクザク

セイバー「何が入っているのでしょう?」

凛「なんか衝撃緩和材で包まれてるわね」

セイバー「凛、気をつけてください」

凛「はいはい。―――よっと」

セイバー「これは……テレビ?」

凛「みたいね」

セイバー「大河は新しいテレビがほしかったのでしょうか?」

凛「どうなんだろう……とりあえず、電源をいれてみる?」

セイバー「ですね」



続きを読む
管理人について

名前:イタチぬこ

サイトについて

メールはこちら

このサイトはリンクフリーです

相互リンク・相互RSS募集中

メール、気軽にお願いします
TOP絵も随時募集してます
1040×200~400でお願いします
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ