1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:21:38.81 ID:ubzVd6t80
セイバー「何か動きが?」

アイリ「わからないわ……今、切嗣が探ってくれてるみたいだけど」

セイバー「ふむ……気になりますね」

アイリ「ええ……不安だわ……」


―遠坂邸―

時臣「いけません!!王よ!!」

アーチャー「何をいう。我の行いに口を挟めるだけの器量など、貴様は持ち合わせてはおらんだろう?」

時臣「それだけは!!どうかそれだけは!!!」

アーチャー「くどいぞ!!我の審美眼を疑うか?」

時臣「ですから……!!」

アーチャー「ふふ……さあ、この宝具がどんな力を持っているのか、見極めてやろう!!」

時臣「あぁぁ……!!!」

「―――だれですか?私の眠りを妨げるのはぁ……?」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:25:52.94 ID:ubzVd6t80
アーチャー「む……?」

「おんやぁ?」

アーチャー「貴様……口が利けるのか?」

「ええ、ええ。そういう貴方はどこの馬の骨で?」

アーチャー「ほう……玩具の癖に言ってくれるな。一度は許すが二度目は無いぞ?」

「あら、怖いですねえ。で、どこの路傍の草ですか?」

アーチャー「……」

時臣「王!!今すぐそのステッキを捨ててください!!この世の害を形にしたようなものです!!」

「酷っ!?」

アーチャー「お前……名はあるのか?最後の言葉として聞いてやらんことも無い」

「ありますよ?でも、あまりに高尚なんで、あなたのような傲慢な人に教えるのは気が引けますねえ」

アーチャー「……」

時臣「うおぉ……?!」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:30:42.60 ID:ubzVd6t80
アーチャー「貴様……我が誰が知らんようだな?」

「貴方も私を知らないでしょう?」

アーチャー「我はこの世の王!!ギルガメッシュなるぞ!!!」

「メインディッシュ?随分とお腹が空きそうな名前ですね」

アーチャー「……」

時臣「王!!早く手放してください!!」

アーチャー「許さん……」

「ん?」

アーチャー「我をここまで弄したこと……死をもってしても償えんぞ!!」

「あら?怒りました?ごめんなさい」

アーチャー「謝罪はおろか命乞いも耳には入らん!!」

「えー?なんて耳の遠いお方なんでしょう。ルビー、困ってしまいます」

アーチャー「死ね!!!玩具がぁぁぁ!!!!」

ドォォォォン!!!

ルビー「あーれー」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:39:43.53 ID:ubzVd6t80
時臣「くっ……!!」

アーチャー「はぁ……はぁ……時臣!!」

時臣「は、はい……」

アーチャー「あれはなんだ……?」

時臣「あれは……」

ルビー「私は誰かと聞かれたら、答えてあげるが世の情け」

アーチャー「なに!?」

ルビー「第二魔法の応用で作られた破格の性能を持つ魔術礼装。平行世界を超えて行き来する、天上天下、唯我独尊のマジックアイテム……」

アーチャー「な、なぜ壊れない……!?」

ルビー「ちょっと、今は自己紹介してるんですから、黙っててくださいな」

アーチャー「……」

ルビー「愛と正義の魔法ステッキ、マジカルルビーです!!ルビーちゃんとおよび下さい」

アーチャー「……なんだ、この奇怪な物は……」

時臣「あの……その……」

ルビー「それにしてもどちらも私のマスターになるだけの素養はありませんね。チャンジ」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:45:17.83 ID:ubzVd6t80
アーチャー「……」

時臣「……」

ルビー「……チェンジ」

アーチャー「言い直すな」

ルビー「それよりも。早く私をもっとキューティーな人の下へ連れて行ってもらえませんか?」

アーチャー「貴様……王に懇願するには、少々頭が高いぞ?」

ルビー「すいません。なにぶん、ステッキでして。頭を下げるだけの関節が不足してまして」

アーチャー「……」

時臣「よもや貴様が目覚めるとはな……今一度封印してくれる」

ルビー「やですよぉ。もっと遊び……いやいや、この世界の平和を守らせてくださいな」

時臣「貴様に平和など守れるものか!!」

ルビー「おや。心外。愛と友情に不可能はないんですよ?」

アーチャー「何者だ……こいつは……このような不届き者……見たことが無いぞ」

ルビー「私も貴方みたいに眩しい殿方は初めてです。なんのイルミネーションですか?」

アーチャー「……」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:49:06.69 ID:ubzVd6t80
時臣「と、とにかく封印を……!!」

ルビー「やん。そこは、お尻ですよ?」

時臣「貴様に人体の部位があるはずなかろう!?」

ルビー「えー?ステッキ的にはお尻なんですが」

アーチャー「もうよい、時臣」

時臣「え……」

アーチャー「こんなもの……」ガシッ

ルビー「あれま」

時臣「王!!なにを!!」

アーチャー「とんでけー!!!」

ルビー「きゃぁぁ!!!」

バリーン!!!

時臣「あぁぁぁ!!!!!王!!!なんてことを!!!あれは絶対に外界に解き放ってはいけないものなのですよ!?」

アーチャー「しらん!!」

時臣「な、なんてことだ……!!探さなければ!!!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:52:00.44 ID:ubzVd6t80
切嗣「舞弥!!」

舞弥「はっ!!」

ルビー「夜空を飛ぶのも魔法少女には必須ですねー」

舞弥「ふっ!!」ガシッ

ルビー「おや?」

舞弥「捕獲、成功です」

切嗣「よし、戻るぞ」

舞弥「わかりました」

ルビー「貴方は?」

舞弥「……」

ルビー「可愛いですねえ?あのー、違う自分に興味あったりしません?」

舞弥「……」

ルビー「だんまりですか。まあ、いいでしょう。時間の問題です」

舞弥(どういう意味……?)


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:57:18.99 ID:ubzVd6t80
アインツベルン城

ルビー「どうです?私と契約しませんか?いつもとは違う自分になれて、新鮮ですよ?」

舞弥「……」

切嗣(遠坂の所有物だ……かならず何かあるはず……)

ルビー「もう、つれないですねえ。今ならもれなく魔法少女にしてあげますのに。もう、ルビーちゃん的には出血大サービスなんですが」

舞弥「……」

アイリ「切嗣!!」

セイバー「おかえりなさい」

切嗣「ただいま。アイリ」

セイバー(目もあわせてくれませんか……)

ルビー「……むむ?」

アイリ「で、どうだった?」

切嗣「遠坂の所有物と思しき物を手に入れた。今から解析する。手伝ってくれるかい?」

アイリ「もちろん」

ルビー(おやおや……粒ぞろいですねえ……ふふふ……)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:01:48.86 ID:ubzVd6t80
切嗣「……よし」

ルビー「とう!!」ビシッ

切嗣「!?」

ルビー「全く、乙女の肌に無断で触れるとはなんとまあ、無粋なお方なのでしょう」

切嗣「……」

アイリ「う、ういてる……」

ルビー「どうも。マダム。ご機嫌麗しゅう。私はマジカルルビーというものです」

アイリ「どうも……」

切嗣「君は……?」

ルビー「魔法のステッキです」

切嗣「……?」

ルビー「そんなダンディーに小首を傾げないでくださいな。全く萌えませんし」

アイリ「な、なんなの……?」

セイバー「……」

ルビー「ところで、そこにいる金髪の美少女さん。違う自分に興味はありませんか?」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:06:57.67 ID:ubzVd6t80
セイバー「え……?」

ルビー「ルビーちゃんの目は誤魔化せませんよ?貴方は今、人間関係で悩んでらっしゃいますね?」

セイバー「な……」ドキッ

ルビー「ふふ……図星、ですね?」

セイバー「そ、そのようなことは……」

ルビー「隠さなくてもわかります。それは……身近にいる人ですね?」

セイバー「う……」ドキッ

ルビー(わかりやすくて助かります)

セイバー「違う!!―――アイリスフィール、私は失礼します」

アイリ「あ、セイバー!!」

切嗣「……」

ルビー「あー逃げられちゃいましたか」

切嗣「契約といったな?何ができるんだ?」

ルビー「聞いてびっくり。私は第二魔法が扱えるんです」

アイリ「う、うそ……!?あの平行世界と繋がる……?」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:12:02.90 ID:ubzVd6t80
ルビー「ええ。他次元の可能性を引き出すことができるわけですね」

切嗣「……」

ルビー「もうそんなに訝しい目で見ないでくださいな」

アイリ「本当ならすごいことだわ」

切嗣「他次元の可能性とは?」

ルビー「平行世界にいるであろう、別の貴方をダウンロードして、マジカルにリリカルに変身できるんです」

舞弥「……」ピクッ

切嗣「つまり……強大な魔力を持っている僕を呼ぶことができると?」

ルビー「それはつまんないですけど、可能ですね」

アイリ「じゃあ……強靭な肉体をもった私も?」

ルビー「はい」

アイリ「……」

切嗣「……わかった。試してみよう」

ルビー「本当ですか?」

切嗣「どうすればいい?」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:16:39.93 ID:ubzVd6t80
ルビー「まずは血をください」

切嗣「血?」

ルビー「ブラッドのことです」

切嗣「わかった」

ポタ……

ルビー「……完了……では、私を持ってください」

切嗣「じゃあ……」

アイリ「……」ドキドキ

舞弥「……」ドキドキ

ルビー「……さあ!!!見るがいい!!!男の娘魔法少女の誕生ですよー!!!」

切嗣「え……!?」

ルビー「かわいくしてあげますねー」

切嗣「ちょっと待っ―――」

ルビー「おりゃぁぁぁぁ!!!!」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:21:30.84 ID:ubzVd6t80
アイリ「くっ……眩しい……」

舞弥「切嗣……!!」

ルビー「ふっふっふっふ……完成です」

アイリ「え……?」

切嗣「……」

舞弥「切嗣……?!」

アイリ「その服は……!?」

切嗣「何って……魔法少女はこういうフリフリのスカートが定番だろう?」

アイリ「……」

ルビー「きゃー!!切嗣ちゃん、プリティ!!」

切嗣「―――弱きを助け、強きを挫く。天下無敵の魔法少女、マジカル・ガンナー、呼ばれなくても即参上☆」

舞弥「……」

切嗣「さあ、マジカルルビー。悪者を倒しに行こうか」

ルビー「ええ、ええ。そうしましょう」

切嗣「では、世界の平和を待ってくるよ。―――マジカル・ダッシュ!」シュン


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:27:01.07 ID:ubzVd6t80
セイバー「……あの杖……侮れない……私の心中を一目で看破するとは……」

セイバー「本物ということですか……」

セイバー「……変われるなら……切嗣に話しかけてもらえる私に……」

シュン

切嗣「セイバー、ちょっと出かけてくる」

セイバー「切嗣!?なんですか、その格好は!?」

ルビー「男の娘魔法少女ですよぉ」

セイバー「は?」

切嗣「一緒に来るか?」

セイバー「あ……はい!!」

ルビー「魔法少女にはかっこいい王子様は付き物ですからね」

切嗣「その通りだ」

セイバー「マスター……やっと……私のことを……」

切嗣「じゃあ、セイバー。僕についてこれるかな?―――マジカル・ダッシュ☆」シュン

セイバー「ま、待ってください!!」ダダダッ


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:33:25.31 ID:ubzVd6t80
遠坂邸

時臣「―――というわけだ。早急に見つけ出して欲しい」

綺礼「わかりました。アサシン総出で捜索に当たります」

時臣「頼む」

綺礼「ですが、そのような魔法具など捨て置いても別に……」

時臣「だめだ!!」ドンッ

綺礼「!?」

時臣「あれだけはだめだ……下手をすれば真祖の類よりも恐ろしい化け物になる」

綺礼「そうですか」

時臣「聖杯はこの際、後回しで構わない。早く、見つけてほしい」

綺礼「わかりました」

綺礼(そのようなものがどうして外に……?)

アーチャー「……」

綺礼「……」

アーチャー「なんだ?我は何もしてないぞ?」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:38:57.83 ID:ubzVd6t80
街中

切嗣「さて……悪者はどこだろうか」

セイバー「切嗣?誰と戦うのですか?」

切嗣「この世の悪……全てと……」

セイバー「なんと……流石は我がマスター。その度量の深さにはただただ感銘するばかりです」

ルビー「お!!ルビーちゃんレーダーがビンビンですよぉ!!」

切嗣「どこだ?」

ルビー「向こうから子供の泣き声がします!!」

切嗣「それはまずいな。急ごう」

セイバー「はっ!」

ルビー(これは面白い……)

ルビー(現代に目覚められたことを感謝しなくては……)

ルビー(とはいえ、飽きてきましたね)

ルビー(他に逸材がすぐにでも乗り移りましょう)


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:45:05.04 ID:ubzVd6t80
龍之介「よし。君に決めた」

青髭「龍之介は本当に清鑑です」

龍之介「そんなことねえって。旦那がいるからこうしてオレも自由な発想ができるんだから」

青髭「そうですか」

子供「んー!!んー!!!」

龍之介「じゃあ、アートに協力してもらいますか……」

青髭「ふふふ」

子供「んー!!!!」

切嗣「―――待て!!」

龍之介「え?!」

青髭「誰です!?」

切嗣「か弱い子供に乱暴を働く不埒な輩め。月光の下に神に代わって断罪する。―――マジカル・ガンナー、参上☆」

セイバー「そして!そのマジカル・ガンナーを傍らで支える正義の騎士、アルトリア、推参!!!」

龍之介「なんだ……?」

青髭「おぉ……!!ジャンヌ!!」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:50:57.69 ID:ubzVd6t80
ルビー「きゃぁぁ!!お二人ともかっこいいですぅ!!!」

切嗣「その子供を解放しろ」

龍之介「オレが言うのもなんだけど、おたく、変態?」

セイバー「失敬な!!この方は―――」

切嗣「いいんだ。セイバー」

セイバー「マスター……しかし!!」

切嗣「いつでも正義の味方は罵声を浴びせられるものさ」

セイバー「マスター……」

ルビー「うふふ。これがイケメンってやつですねぇ」

青髭「ジャンヌよ……ついに私のもとにきてくださったのですね」

セイバー「何をいう。私は主のためにここまで来た。貴殿のためでは決して無い」

青髭「……」カチーン

龍之介「な、旦那。ちょっと邪魔だし、パパッと片付けてくれよ」

青髭「そうですね……」

切嗣「くるか?僕のリリカルショットで息の根を止めてやる」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 17:58:15.96 ID:ubzVd6t80
青髭「では……」

セイバー「マスター!!気をつけてください!!」

ルビー「ご安心をセイバーさん」

セイバー「え……?」

ルビー「見た目はアレですが、今の切嗣さんは世界トップクラスの魔力を持つ、スーパー魔法少女。並大抵の攻撃では、まずかすり傷すらつけられません」

セイバー「おぉ……!!」

ルビー「さあ、魔法少女キリツグ・マギカ!!その力を存分に見せ付けてやるのです!!」

切嗣「わかっている」カチャ

青髭「ふふ……人間風情が私に勝てるとでも?」

切嗣「信号無視も許さない僕の正義感は、全てを貫く銃弾に変わる」

青髭「さあ、行きなさい!!」シュルルル

セイバー「無駄だ!!」ズバッ

青髭「ジャンヌ……?!」

切嗣「国士無双のマジック・ライフルを……ゼロ距離で発射する。―――マジカル・ダッシュ☆」シュン

青髭「な!?一瞬で懐に―――」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:01:54.95 ID:ubzVd6t80
切嗣「神に祈れ……リリカル・ショット☆」バァァン

青髭「ごふ!?」

龍之介「だんなぁぁぁぁ!!!!!」

セイバー「悪はこの世に……」

切嗣「栄えない」キリッ

龍之介「あぁ……」

切嗣「……アディオス」

龍之介「うわぁぁ!!」

バァァン


アサシン「―――見つけた」

アサシン「間違いないか?」

アサシン「ああ」

アサシン「よし。報告だ」


ルビー(おやおや……少々、目立ちすぎましたか……)


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:07:01.54 ID:ubzVd6t80


雁夜「はぁ……はぁ……」

雁夜「ごっほ!!がっは!!」

雁夜「ふぅ……ふぅ……」

雁夜「早く……決着をつけないと」

切嗣「―――今日はここまでにしようか」

セイバー「そうですね。今宵は静かな夜になりそうです」

ルビー「おや!あそこに誰かいますよ?」

切嗣「なに?」

雁夜「あれは……?!」

ルビー「どうやらかなり弱ってらっしゃるみたいです」

切嗣「それは大変だ。助けよう」

セイバー「ですね」

雁夜「こっちにきた……!!―――バーサーカー!!!」

バーサーカー「……」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:11:17.87 ID:ubzVd6t80
セイバー「あれは!?」

切嗣「なんて禍々しい……絶対に悪者だ」

セイバー「バーサーカーですね」

バーサーカー「……!!」

セイバー「む……?!」

バーサーカー「―――」ズンズン

雁夜「―――ぐあぁぁぁ!!」

ルビー「きゃぁ、こっちにきましたよぉ!?」

切嗣「それはまずい!!―――マジック・ショット☆」バァァン

バーサーカー「―――」サッ

切嗣「よけた!?」

ルビー(逸材の予感!!)

ルビー「切嗣さん!!私に考えがあります!!あの者に向かって私をなげて―――」

切嗣「了解!!せいっ!」ブン

バーサーカー「……」パシッ


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:15:26.20 ID:ubzVd6t80
ルビー「どもー!マジカルルビーです。ルビーちゃんとおよびください」

バーサーカー「……?」

切嗣「―――は」

セイバー「切嗣、あの杖はなにを……?」

切嗣「……」

セイバー「切嗣?」

切嗣「……」カチャ

セイバー「切嗣!?銃を咥えてどうするのですか!?」

切嗣「……」ブルブル

セイバー「早まらないでください!!!」

ルビー「さあ、前マスターとの契約は切れました。どんな自分をお望みですか?」

バーサーカー「……」

ルビー「どんな要望にでも応えてあげますよ?」

バーサーカー「……」ポイッ

ルビー「ああん!!捨てるなんて酷い!!」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:19:27.65 ID:ubzVd6t80
切嗣「……」ポロポロ

セイバー「切嗣?!どうして泣いているのですか!?敵前ですよ!?」

雁夜「な、なんだ……?」

ルビー「ちょっと!!投げ捨てるのはあんまりだと思うんですよ、ルビーちゃん的に」

バーサーカー「……」

ルビー「おっと。通しませんよ?」

バーサーカー「……」ガシッ

ルビー「ほほう……すごい能力をもっていますね。ですが、私の固有結界には敵いません」

バーサーカー「……」ズンズン

ルビー「おや?どこへ?」

雁夜「え……?」

ルビー「誰ですか?この汚らしい男性は?」

バーサーカー「……」アゲル

雁夜「……」

バーサーカー「……」ドウゾ


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:23:09.51 ID:ubzVd6t80
ルビー「なるほど……この方を呪いから救ってあげよう……そういうことですね?」

雁夜「……」

バーサーカー「……」

雁夜「いらないな」

ルビー「なんと!?」

雁夜「なんだお前は?」

ルビー「なんだと聞かれたら……もうめんどくさいので魔法のステッキってことで」

雁夜「……」

雁夜(これを……)


桜『おじさん、ありがとう。これで私も魔法少女になれるね♪』


雁夜「―――お前なら、あの子を救えるか?」

ルビー「もちろん!!」

雁夜「よし。バーサーカー、退却だ」

バーサーカー「……」コク


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:28:29.97 ID:ubzVd6t80
セイバー「あ、逃げられます!!切嗣、追いましょう!!」

切嗣「……」ポロポロ

セイバー「切嗣!!先ほどまでの気概はどこへ!?」

アーチャー「―――見つけたぞ」

時臣「……返してもらう」

セイバー「アーチャー……?!」

時臣「さあ、出せ!!あの万物の呪いを具現化した杖を!!」

セイバー「何のことだ?」

時臣「渡せ……あれは誰の手にあっても不幸しか呼ばない……!!」

切嗣「……」

セイバー「どうしますか?」

切嗣「ここにはない」

時臣「なに……?」

切嗣「バーサーカーのマスターが持っていった」

時臣「なんだと……?!」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:33:03.64 ID:ubzVd6t80
間桐邸

雁夜「……」

桜「……?」

ルビー「おや。これは薄幸系の少女じゃないですか。かわいいですねえ」

桜「……なにこれ?」

雁夜「君を救ってくれる……」

桜「……」

ルビー「どんな望みでも叶えてあげましょう。何がいいですか?」

桜「……」

雁夜「……」

ルビー「……わかりました。とりあえず、体液をもらえます?」

桜「……たいえき?」

ルビー「おしっことか唾液とか鼻水とか、なんでもいいので私にかけてくれません?」

桜「……」

ルビー「血液が一番なんですけど、まあ、この際どうでもいいです。さ、どうぞ」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:38:48.48 ID:ubzVd6t80
桜「どんなことでも叶えてくれるの?」

ルビー「ええ。貴方が幸せな家庭を築くとか、純潔だったあの日の貴方とか……なんでも構いません」

桜「……」

雁夜「なんでも言ってみるといい」

桜「……」

ルビー「さあ、早く!!あと100秒待ちます」

桜「……」トテトテ

ルビー「ふふふ……ついに契約のときですね……」

桜「……」ガチャ

ルビー「トイレでします?いいですとも、いいですとも」

桜「……」バタン

ルビー「おしっこですか?かけたあとは拭いてくれるとありがたいです」

桜「……ん」

ルビー「おぉ……これが聖水……」ウットリ

ルビー「―――契約完了……さあ、貴方の望む姿にレッツ・ドレスアップ!!」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:44:01.68 ID:ubzVd6t80
時臣「確か……バーサーカーは間桐の……!!」

アーチャー「―――時臣!!とまれ!!」

時臣「!?」

ドォォォォォォン!!!!!

時臣「な……間桐邸が……爆発した……!?」

ルビー「聖水を浴びた私は……まさしく無敵!!!」

桜「ええ……その通りね、マジカルルビー」

時臣「あ、あれは……?!」

アーチャー「気をつけろ……強大な魔力だ……」

桜「―――全てが憎い……全てが敵……全てが闇に包まれる」

ルビー「きゃー!!世界のはめつぅー!!」

時臣「桜か!?」

桜「暗黒魔法少女ダーク・オブ・サクラ……。全てを闇に飲み込んであげる」

アーチャー「あ、なんという邪気だ……」

ルビー「魔王のたんじょうですよー!!」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:49:37.08 ID:ubzVd6t80
時臣「な、なんてことだ……!!」

アーチャー「どうする、時臣!!」

桜「……」

ルビー「なんて素敵な発想ができる女の子なんでしょう!!ルビーちゃん、しびれましたぁー!!」

桜「もうこんな世界なんて……ずっと闇のなかで苦しめばいい……」

アーチャー「くっ……!!時臣、やるぞ!!あれは生かしていいものではない!!」

時臣「桜……」

桜「……」

時臣「……王……お願いします」

アーチャー「ゲート・オブ・バビロン!!」

桜「……」

アーチャー「くらえ!!!」

バーサーカー「―――」キィィン

アーチャー「なに!?」

桜「いい子ね……バーサーカー?」


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:55:35.97 ID:ubzVd6t80
バーサーカー「……」

時臣「な、に……?サーヴァントを……従えている……?」

桜「……バーサーカー、お願い」

バーサーカー「……」コク

アーチャー「おのれ……狂犬の分際で我の宝物に触れるか!!」

バーサーカー「……」

アーチャー「死ねぇ!!!」ドンドンドン

バーサーカー「―――」ガキィン

時臣「桜……やめろ……」

桜「……やめろ?私が何度も助けを求めたのに……誰も助けてくれなかった……やめてって何度もいった……喉を裂いても叫んだ」

時臣「それは……」

桜「なのに……みんな助けてくれなかった……なのにあなたはやめろという……」

ルビー「そんな虫のいい話はありませんよねえ」

時臣「黙れ!!玩具め!!」

ルビー「おやおや?いいんですか?そんなことを言われたら、あなたのご息女は私の餌食に……いえいえ、私と契約を結んでもらいますよ?」


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:00:55.86 ID:ubzVd6t80
バーサーカー「―――」キィン

アーチャー「おのれ、雑種がぁぁ!!!」ドンドンドン

桜「……」クイッ

アーチャー「な、なんだ!?この影は!?がっ!?やめろ!!」

時臣「な、に……?!」

桜「……」

アーチャー「貴様か……こんな汚物を我に巻きつけるとは……覚悟はいいな?!」

ルビー「その強がりは死ぬまで直りませんか?」

アーチャー「なにを……」

桜「……」ググッ

アーチャー「はっ……!?ごっ……!!!」

ルビー「締め付けが強くなりますよぉ?」

アーチャー「や、め……!!」

時臣「やめろ!!桜!!」

桜「……死ね」ググッ


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:05:06.99 ID:ubzVd6t80
アーチャー「ぁ……ぉ……」

ルビー「ダーク桜ちゃん、つよーい!!」

セイバー「―――英雄王!!!」ズバァ

ルビー「なんと!?」

桜「……」

時臣「あれは……!!」

セイバー「大丈夫ですか?」

アーチャー「……セイバー……か……」

セイバー「申し訳ない……不敬は重々承知の上で助太刀を……」

アーチャー「……ふん。構わん。このたびの無礼は水に流してやろう」

セイバー「さて……あれが……?」

アーチャー「ああ。魔王だ」

桜「……」

ルビー「魔王とは失礼ですよ!!ちょっとだけ暗黒面に足が浸かっただけの女の子なんですよ!!」

セイバー「なんて恐ろしい魔力……」


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:09:55.84 ID:ubzVd6t80
セイバー「アーチャー……どうだろう……ここは一つ」

アーチャー「セイバー……それが我に物を頼む態度か?」

セイバー「しかし……!!」

アーチャー「貴様が我が軍門に下るというなら考えてやらんこともない」

セイバー「何を言っているのです!!今はそんな悠長なことを―――」

桜「……」クイッ

アーチャー「セイバー!!」

セイバー「はっ!!」ババッ

ルビー「あー、惜しい!!」

桜「……」

セイバー「力を合わせましょう」

アーチャー「我に命令だけはするなよ?」

セイバー「承知」

バーサーカー「……」

アーチャー「ふん……雑種め……先ほどのようにはいかんぞ?」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:17:11.65 ID:ubzVd6t80
時臣「くっ……まさか……こんなことになろうとは……」

切嗣「あの魔装具は?」

時臣「お前……。あれは宝石翁ゼルレッチの制作した魔術礼装カレイドステッキというものだ」

切嗣「ゼルレッチ……」

時臣「平行世界の可能性を引き出すという破格の性能を有しているが……アレに宿る人工精霊が欠陥品なんだ」

切嗣「あの性格だからな」

時臣「私も幼少のころ……奴に唆されたことがある」

切嗣「そのときは?」

時臣「正義の魔法使いとなって近所のガキ大将を半殺しにしてしまった」

切嗣「……そうか」

時臣「それ以来……あれだけは世に出すまいと厳重に封印を施したのだが……」

切嗣「どうすればいい?」

時臣「とにかく桜の手からあれを引き離せば……」

切嗣「……舞弥、聞いたか?」

舞弥「はい。狙撃ポイントを探します」


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:22:07.93 ID:ubzVd6t80
アーチャー「くらえ!!」ドンドンドン

バーサーカー「……」キィン

セイバー「はぁぁ!!!」ブン

バーサーカー「……」ガン

セイバー「ちっ!」

アーチャー「下がれ、セイバー」ジャラ

バーサーカー「……」

アーチャー「この鎖で拘束してやる。光栄に思え!!」

ジャララララ!!

バーサーカー「……」バッ

セイバー「―――空中に逃げるとは、浅はか!!」

アーチャー「ふん……所詮は思考をやめた狂人か」

セイバー「くらえ!!!」ブゥン

バーサーカー「……」ガキィィィン

セイバー「がっ!!―――しまった!!剣が!!」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:28:19.53 ID:ubzVd6t80
アーチャー「なにをやっている!!」

セイバー「つっ……!!」

バーサーカー「……」グワァ

アーチャー「ちぃ!!―――受け取れ!!騎士王!!」ドン

セイバー「え?―――ふっ!!」パシッ

アーチャー「貴様の剣の原典だ。よもや使いこなせないとは言うまいな?」

セイバー「……私を誰だと思っている?」

バーサーカー「……」ブン

セイバー「甘い!!」キィィン

バーサーカー「!?」

アーチャー「ふん……これ以上、その醜悪な面を我の前にさらすな……!!―――エア!!」

セイバー「……この剣でも……十分にいける……!!」ゴォォ

バーサーカー「……っ」

アーチャー「―――天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)!!」

セイバー「―――約束された勝利の剣(エクスカリバー)!!」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:33:51.63 ID:ubzVd6t80
ルビー「きゃぁぁぁ!!!すっごいとっぷうぅぅ!!!」

桜「くっ……!!」

舞弥「……いつでも、いけます」

切嗣「よし……」

時臣「桜……」

桜「……っ!?」

切嗣「撃て」

舞弥「……」バァァン

カン!!

ルビー「あーれー」

桜「あ……」

時臣「よし!!杖が吹き飛んだ!!」

切嗣「……?固有時制御」ダダダッ

ルビー「むむ?!」

切嗣「―――捕獲、成功」


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:39:47.82 ID:ubzVd6t80
ルビー「あーちょっとどこ触ってるんですー?!」

切嗣「しっかり封印しておけ」

時臣「すまない」

ルビー「まだまだ遊びたりな……正義の味方として働いてません!!」

時臣「黙れ……悪魔め」

ルビー「誰が悪魔ですか!!」

セイバー「……アーチャー、ありがとう」

アーチャー「よせ。気の迷いが生じただけの話よ」

セイバー「そうか……」

時臣「では、王よ」

アーチャー「わかっている」

セイバー「……あの崩壊した家は?」

時臣「心配しなくてもすぐに修繕される」

セイバー「そうですか」

桜「……」


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:44:37.88 ID:ubzVd6t80
遠坂邸

時臣「はぁ……」

アーチャー「ふん……なんとも物騒なものだな」

時臣「ああ……存在自体が悪だ」

綺礼「……」

時臣「これを封印しておいてほしい」

綺礼「はい」

ルビー「……」

時臣「これで聖杯戦争に集中できるな」

アーチャー「あのような下劣な戦いはもう御免だ」

時臣「あんなアクシデントは起こりはしませんよ」

アーチャー「だといいがな」

綺礼「……」

ルビー「……」


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:51:54.25 ID:ubzVd6t80
綺礼「……」

ルビー「……もし?」

綺礼「なんだ?」

ルビー「あなたの望みはなんでしょう?」

綺礼「……望みなどない」

ルビー「嘘嘘、嘘ですよー。そんなことありませんって」

綺礼「……」

ルビー「あなたはズバリ、人間関係で悩んでますね?」

綺礼「いや……」ドキッ

ルビー「大切な人と悲しい別れもしたのでしょう?」

綺礼「……なぜ、わかる?」

ルビー「私がすごいからです。さ、貴方の望みはなんですか?」

綺礼「望みなど……」

ルビー「あるでしょう?」

綺礼「……」


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:58:45.58 ID:ubzVd6t80
アインツベルン城

アイリ「そう……じゃあ、もう大丈夫なのね?」

切嗣「ああ」

セイバー「よかったです」

舞弥「これで聖杯戦争に集中できますね」

切嗣「ああ……」

ルビー「そうはいきません!!カレイド・ビーム!!!」

バリーン!!

セイバー「なにやつ!?」

ルビー「ふっふっふっふ……先ほどはよくもやってくれましたね……」

切嗣「な……!?」

ルビー「復讐のとき、きたれり!!!」

綺礼「この世の生ある者たちに、幸あらんことを願う……シスター・キレイ、見参☆」

セイバー「oh……」

切嗣「……」


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:05:01.17 ID:ubzVd6t80
綺礼「衛宮切嗣……答えを訊きにきた」

切嗣「答え……?」

綺礼「なぜ……戦うのか……人はみな……なぜ苦しみに生きるのか……」

ルビー「哲学ですね……」

セイバー「アイリスフィール!!下がって!!」

アイリ「う、うん……」

切嗣「……」

綺礼「さあ、この世の生に祝福を……」

切嗣(目が据わっている……意識もほとんどないのだろうか?)

ルビー「ふふふ……」

セイバー「くっ……!!」

綺礼「受けろ……シスター・ソード☆」シュッ

セイバー「危ない!!」

綺礼「邪魔するな……」

切嗣(どうする……このままでは……)


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:27:07.34 ID:ubzVd6t80


アサシン「すげー、マスターがすごい格好だぜ?」

アサシン「なにあの衣装?半ケツじゃん」

アサシン「しかもパンツ丸見え、背中ももろだし」

アサシン「紅いドレスとか、誰得?」

アサシン「おい、俺にも見せてくれよ」

アサシン「押すなって」


―某所―

ケイネス「どうやら今、セイバー陣営は混乱の中にあるようだ」

ランサー「……」

ケイネス「いくぞ」

ランサー「はっ」

ソラウ「気をつけてね?」

ランサー「はい」

ケイネス「……」


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:35:36.41 ID:ubzVd6t80
綺礼「さあ……私とともに行こう……衛宮切嗣……」

ルビー「魔法の国へ!!」

切嗣「……」

セイバー「……」

ルビー「どうしてそんな剣呑としているのか……ルビーちゃんには全くもっと理解の外です」

綺礼「なにがいけない?」

切嗣「……」

セイバー「退いてくれ……といっても無駄か……」

ルビー「そうですね。私が退くときはこの人よりも可愛い人が現れたときだけですし」

切嗣(かわいい……?)

舞弥「……」ドキドキ

アイリ「……」ドキドキ

ルビー「さあ、シスター・キレイ?やっちゃいましょう!!あの後ろで変な期待をしているおばさんたちも一緒に、なぎ払えー!!」

綺礼「……シスター・パンチ!!」ドガァ

セイバー「ぐっ!?」


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:39:39.16 ID:ubzVd6t80
切嗣「……」

綺礼「シスター・キック☆」

セイバー「あぐ!?」

切嗣「……」スタスタ

セイバー「あ、切嗣!!!どこへ!?」

綺礼「シスター・ヒップ☆」ボヨン

セイバー「……不快!!」ザン

ルビー「あははは!!そんな鈍な剣ではシスター・キレイに傷一つつけられません!!」

セイバー「なんてことだ……?!」

アイリ「……」

舞弥「……」

切嗣「―――ルビー、この子でどうだ?」

ルビー「え……?」

イリヤ「なに?」

ルビー「……」


208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:45:39.56 ID:ubzVd6t80
イリヤ「なんなの?」

ルビー「おやおやおやおやおや!!!」

イリヤ「ひっ……」

ルビー「どうも、わたしマジカルルビーと申します。貴方は?」

イリヤ「イリヤスフィール……」

ルビー「そう。イリヤちゃんですね?―――では、友愛の印に私を握ってください」

イリヤ「……」ギュッ

綺礼「は……!?」

切嗣「……」

綺礼「……」

ルビー「これで契約は破棄されました。どうぞ、お望みをききましょうか?」

イリヤ「望み……?」

ルビー「ええ。なんでもいいですよ?ナイスバディになりたいとか、スクール水着をきてみたいとか」

イリヤ「えっと……」

アイリ・舞弥「……」


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:50:35.15 ID:ubzVd6t80
綺礼「……さらば」スタスタ

切嗣「……」

綺礼「もう会うことはないだろう」

切嗣「そうか」

綺礼「……」バッ

切嗣「……強敵だった」

イリヤ「んー……」

アイリ「ね、ねえ」

イリヤ「え?」

舞弥「もし……その……使わないのでしたら……譲ってほしい……」

ルビー「なんですか!!しっ!しっ!」

イリヤ「あ……じゃあ……」

ルビー「はいはい?」

セイバー「……」

セイバー(む……何者かの気配が……?)


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:55:18.18 ID:ubzVd6t80
ランサー「……」

ケイネス『セイバーさえマスターから引き離せばこちらのものだ』

ランサー「はい」

ケイネス『失敗は許されんぞ?』

ランサー「はっ」

ランサー「……」スタスタ

セイバー「……」

ランサー「なっ?!」

ランサー(どういうことだ……目視するまで気配に気がつけないとは……)

セイバー「……」

ランサー「セイバー……?」

セイバー「……ランサー?」

ランサー(なんだ……様子が……)

セイバー「―――エクスカリバァ!!!」ドォォン

ランサー「ぐっは?!?」


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:59:37.41 ID:ubzVd6t80
ランサー「くっ……!!いきなり宝具を使うとは……!!」

セイバー「すごい!!体が勝手に飛び上がるような感覚!!」

ランサー「え……?」

ルビー「そうでしょう。そうでしょう」

セイバー「これがセイバーなのね」

ルビー「ええ。今のイリヤちゃんは輝いてますよ」

セイバー「そう?」

ランサー「な、なんの話だ……?」

ルビー「さあ、ネズミの駆除と参りましょう」

セイバー「そうね」

ランサー「ちょっと待て……セイバー……!!」

セイバー「エクスカリバァ!!!」ドォォォン

ランサー「はぐぅ!?」

セイバー「エクスカリバァ!!!」ドォォォン

ランサー「はぐぁ!?!?」


229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:09:31.48 ID:ubzVd6t80
ケイネス「ランサーめ……何をやっている……!!」

ケイネス「まあ、いい……マスターさえ殺せば……」

切嗣「……」スタスタ

ケイネス(あれか……?)

ケイネス(よし……!!)

ケイネス「―――とまれ!!」

セイバー「―――貴方がだ、メイガス」

ケイネス「!?」

セイバー「……動くな」

ケイネス「馬鹿な……!今、ランサーと……!!!」

セイバー「……」

切嗣「……」

ケイネス「な、なんで……」

切嗣「……」カチャ

ケイネス「やめ―――」


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:19:59.39 ID:ubzVd6t80
セイバー「あー、楽しかった」

アイリ「よかったわね、イリヤ」

ルビー「いやぁ。豪快な娘さんですねえ」

舞弥「あの……そろそろ……」

ルビー「なんですか?おばさんに興味はありません」

舞弥「……」

セイバー「さてと、この人どうする?」

ランサー「うぅ……」

アイリ「うーん……」

セイバー「―――アイリスフィール、無事でしたか」

アイリ「あ、セイバー」

切嗣「こちらも終わった」

ケイネス「うぅ……」

アイリ「じゃあ、残るは……」

切嗣「ライダーとアーチャーだけですね」


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:25:14.06 ID:ubzVd6t80
アイリ「え……?」

切嗣「―――ふっ!!」

セイバー「!!」

切嗣「……」

セイバー「え?え?切嗣?」

セイバー「貴方は……マスターじゃない……」

切嗣「その二人は返してもらうわ……」

アイリ「……誰?」

切嗣「ふふ……」

セイバー「おかしいと思った……貴方が敵を生かすなんて……」

ソラウ「―――貴方のマスターは今頃、森の中で寝ているわ」

セイバー「いつのまに……」

ソラウ「さ、返してもらうわよ?」

ルビー「……これはこれは」

イリヤ「あ……」


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:32:38.01 ID:ubzVd6t80
ソラウ「え……な、なに?」

ルビー「ふんふん……ほー?」

ソラウ「な、なによ……?」

ルビー「お手を拝借」

ソラウ「……」

ルビー「さあ、貴方の望みは?」

ソラウ「な、なにを……」

ルビー「ふふふ……貴方の悩みを一発で解決してさしあげますよ?」

ソラウ「な、なやみ……」

ランサー「ソラウさま……」

ルビー「ぐふふ……」

ソラウ「……」

ルビー「さあ……」

ソラウ「えと……」

舞弥「……」


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:40:52.44 ID:ubzVd6t80
セイバー「そこまでです」

ルビー「あん」

ソラウ「あ……」

切嗣「……」ガッ

ソラウ「あっ―――」ガクリ

アイリ「切嗣!?」

セイバー「マスター」

切嗣「すまない、アイリ。大丈夫だったか?」

アイリ「え、ええ……あなたこそ」

切嗣「心配いらない」

ランサー「おのれ……」

ケイネス「くそ……」

切嗣「……」

セイバー「あとは……」

アイリ「ええ……二人ね……」


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:45:05.24 ID:ubzVd6t80
切嗣「……一気に片をつけるか」

アイリ「どうするの?」

切嗣「ルビーに協力してもらう」

ルビー「私ですか?」

セイバー「正気ですか?!」

切嗣「……ルビー、いいか?」

ルビー「まあ、イリヤちゃんをお貸ししていただけるのでしたら」

切嗣「それはできない」

ルビー「え?じゃあ、嫌です」

切嗣「その代わり、セイバーを貸す」

セイバー「切嗣?!」

舞弥「……」

アイリ「……」

切嗣「駄目だろうか?」

ルビー「んー……まあ、妥協しましょう」


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:51:08.01 ID:ubzVd6t80
ライダー「うーん……」

テレビ『ぱすてるいんくにお任せ!!』

ライダー「今流行のアニメとやらも、中々どうして面白い」

ウェイバー「何言ってんだよ……」

ライダー「そう思わんか?」

ウェイバー「別に……」

ライダー「……少し夜風に当たってくるか」

ウェイバー「どうしたんだよ?」

ライダー「ここにおれ」

ウェイバー「え……?」

ライダー「いいな?」

ウェイバー「あ、ああ……」

ライダー(誰だ……?)

ライダー(このおぞましいほどの魔力は……)


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:59:35.08 ID:ubzVd6t80
ライダー「……誰だ?余のプライベートを邪魔する者は」

ルビー「―――どうも!!」

ライダー「ん?なんだ?」

ルビー「いやぁ、大きい人ですねえ」

ライダー「征服王ともあろうものが矮小では締りがわるいだろう?」

ルビー「それもそうですね」

ライダー「ところでお前は……」

セイバー「―――ライダー、決着をつけるときがきたようです」

ライダー「ん?」

セイバー「遠い理想を追い求め……彼の地に希望を振りまく……伝説の騎士!!」

ライダー「……」

セイバー「魔法少女マジカル・ドラゴン!!!」

ライダー「ほう……」

ルビー「なんかだっさいですよねえ」

ライダー「確かに。もっと可憐さがほしいところよのぉ」


261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:03:36.11 ID:ubzVd6t80
セイバー「な、なんですって!?」

ライダー「お前は魔法少女とは何か、全く理解しておらんようだな」

セイバー「し、してます!!」

ライダー「果たしてそうか?」

セイバー「なに……」

ライダー「魔法少女とは幻想的で愛らしくなくてはならん」

ルビー「はい」

ライダー「だというのに、お前はただ気丈なだけではないか。そんなことでは子供の心は掴めんて」

セイバー「そ、そうでしょうか?」

ライダー「ああ」

ルビー「うふ」

ライダー「余が手本を見せてやろう」

ルビー「では、どうぞ」

ライダー「失敬」ガシッ

切嗣(何がはじめる……?)


268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:11:16.51 ID:ubzVd6t80
ライダー「―――未だ見ぬ最果ての海」

ルビー「堆く積まれた屍を踏みしめて」

ライダー「その先にある誇りを求める」

ルビー「友情」

ライダー「勝利」

ルビー「そのふたつがある限り」

ライダー「魔法少女は潰えない」

ルビー「究極巨体の暴れ馬!!!」

ライダー「征服の魔法少女カレイド・イスカンダル、参上☆」

ルビー「貴方の心も」

ライダー「征服しちゃうぞっ☆」

セイバー「……」

切嗣「……」

舞弥「……」

ライダー「うむ。完璧すぎて声もでんか?ふはははは!!!」


277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:17:26.20 ID:ubzVd6t80
ルビー「うんうん!!いやぁ、ここまで私の嗜好にマッチするひとは中々いませんよ」

ライダー「うむ。このセーラー服のセンスもよいではないか」

ルビー「やだぁ、照れちゃいますぅ」

セイバー「……負けた」

ライダー「潔いな」

セイバー「だが……退くわけにはいかない」

ライダー「ほう……流石だ。そうでなくては困る」

セイバー「こい……ライダー!!」

ライダー「いいだろう」ピラッ

ルビー「あぁん!!ライダーさん、あんまり動くとスカートが……っておぉぉぉおお?!?!」

切嗣(はいてない……だと?!)

舞弥「―――きゃっ」

セイバー「ライダー!!それは卑怯です!!!」

ライダー「おっと……サービスしすぎたか」

ルビー「もう!魔法少女にとってパンチラはお約束ですが、モロ出しはアウトですよ!!アウト!!」


282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:23:34.36 ID:ubzVd6t80
ウェイバー「おい……何をそんなに……」

ライダー「こら、出てくるなといっただろう」ピラッ

ウェイバー「……」

ライダー「どうした?」

ウェイバー「―――」バターン

ライダー「おいおい。こんなことで気絶するやつがあるか」

ルビー「おや?この方は?」

ライダー「不精なやつだが、余のマスターよ」

ルビー「おやまあ。随分と可愛いですね」

ライダー「まぁ、な。愛でるだけの容姿ではある」

セイバー「……ライダー」

ライダー「おお、すまんな。さあ、やろうか」ピラッ

セイバー「くっ……」

ライダー「どうした?そんなにスカートの中が気になるか?……このスケベ」

切嗣(射殺しろ、舞弥。今すぐだ)


291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:29:59.17 ID:ubzVd6t80
舞弥(どこを狙えば……)

ライダー「いくぞ、セイバー?」

セイバー「……」

セイバー(今、ライダーにはルビーによる能力補正がある……)

セイバー(このままでは……)

ヒュゥゥゥ

ライダー「む……スケベな風が吹きよるわ」ピラッ

セイバー「ぐっ……!!無駄に局部を見せ付けられるだけだ……!!!」

ライダー「ふははははは!!!」ピラッ

舞弥(あのルビーがライダーの手にあるうちは圧倒的に不利……)

舞弥(なら……!!)

切嗣『舞弥……マスターを狙え』

舞弥「……」

切嗣『舞弥?聞いているか?舞弥?応答しろ、舞弥』

舞弥「……」


295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:34:30.19 ID:ubzVd6t80
ライダー「いくぞ!!騎士王!!!」ピラッ

セイバー(集中しろ……惑わされるな……!!)

セイバー「はぁぁぁぁぁ!!!!」

舞弥「……」

切嗣『舞弥!!』

舞弥「……」バァァァン

ライダー「!?」

カン!!

ルビー「きゃわわわ!!!」

舞弥「よし!」

セイバー「ルビーが離れた!!」

ライダー「なんと!!」

セイバー「私が手にすれば!!!」

舞弥「―――ズァァァァ!!!!!」バシッ

セイバー「!?」


303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:39:46.02 ID:ubzVd6t80
ルビー「なにするんですか!?」

舞弥「私と契約してもらいます」

ルビー「なんですと!?」

ライダー「貴様……」

セイバー「舞弥……」

舞弥「さあ……」

ルビー「いやぁぁ!!年増はいやですぅぅぅ!!!」

舞弥「私だって……将来の夢は魔法少女とお花屋さんだったから……」

ルビー「あら、かわいい」

切嗣「舞弥!?」

舞弥「やっと……願いが……」

ウェイバー「くそ……酷いものを見た気が……」

ライダー「あ、おい!!その目の前の女から杖を奪え!!!」

ウェイバー「え……あ、ああ!!!」

舞弥「!?」


310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:45:57.69 ID:ubzVd6t80
ウェイバー「渡せ!!」

舞弥「い、いや……!!」

ルビー「あーん!ルビーちゃんを取り合わないでくださいなー!!」

ライダー「加勢する!!」

セイバー「させるか!!」

ライダー「セイバー……!!!」

セイバー「悔しいが……この一戦はルビーが誰の手に渡るかで勝敗が決まる……!!」

ライダー「ほう……ならば、全力で余をとめてみせよ!!」

セイバー「言われずとも!!」

舞弥「は、なして……!!」

ウェイバー「いやだ……!!」

ルビー「うーん……では、公平に私が次の主を決めましょう」

舞弥「え?」

ウェイバー「は?」

ルビー「次の魔法少女は……あなたでーす!!!」


319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:53:52.82 ID:ubzVd6t80
ルビー「―――思えば遠くまで来たものだ」

ウェイバー「もう落ちこぼれなんていわせない!」

ルビー「努力と野望を引っさげて」

ウェイバー「ここに来る!!」

ルビー「ロンドンからの闖入者!!!」

ウェイバー「魔法少女ウェイバー・アンバー・ベルベット、ただいま到着☆」

ルビー「見習いでも」

ウェイバー「やるときはやるって☆」

舞弥「……」

セイバー「しまっ……!!?」

ランサー「おぉ!!よくやった!!」

切嗣「くそ……」

ルビー「さあ、ウェイバーちゃん!!わからずやのライオンちゃんに制裁を!!」

ウェイバー「まかせとけぇ!!」

舞弥「…………うぅ……ぅ……ぐすっ……わ、た……しも……まほう……つかい……た、い……」ウルウル


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:59:44.66 ID:ubzVd6t80
舞弥「うぅ……ぅ……ぁ……」ポロポロ

ウェイバー「え……」

ライダー「おいおい……」

セイバー「舞弥……お気を確かに……」

舞弥「うぅ……どうして……どうしてぇ……」ポロポロ

ルビー「あ、あの……泣かなくても……」

舞弥「昔から……魔法少女に憧れて……切嗣にこっちの世界に導かれて……」ポロポロ

舞弥「うれしかった……けど……ぐすっ……わ、たし……まほう……つかえ、ないし……」ポロポロ

切嗣「舞弥……」

ウェイバー「そ、そうなのか」

ライダー「気の毒にな……」

セイバー「舞弥も苦労していたのですね」

ルビー「あらあら……」

舞弥「うぅ……やっとチャンスが……きたのにぃ……みんな……いじわる……」ポロポロ

ルビー「え……と……あの……」オロオロ


341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:04:52.58 ID:ubzVd6t80
ウェイバー「……どうぞ」スッ

舞弥「え……」

ウェイバー「使えば……いいだろ。魔法」

舞弥「いいんですか?」

ウェイバー「どんな魔法を使いたいのかしらないけど……とりあえず、涙拭いて」

舞弥「は、はい……」ゴシゴシ

ウェイバー「いいよな?一回ぐらい」

ルビー「仕方ありませんね」

舞弥「……♪」

ライダー「うむ。いい顔になったな」

セイバー「では、舞弥」

舞弥「はい……」

ルビー「どうぞ……貴方には負けました」

舞弥「では……」


348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:12:36.11 ID:ubzVd6t80
舞弥「―――漆黒の世界から光の道を探し出す」

ルビー「表裏を極めし、その美貌!!」

舞弥「涙を未来の力に変える!!」

ルビー「夢と希望の新感覚魔法少女!!」

舞弥「魔法少女ヒサゥー・マイヤァ☆」

ルビー「可憐でクールなダークレディが」

舞弥「成敗しちゃうぞっ☆」

セイバー「……」パチパチパチ

ライダー「うむ……すばらしいではないか」

ウェイバー「かわいい。その猫耳とフリフリのドレスもいい感じだ」

舞弥「あ……ありがとう……ございます……」ウルウル

ライダー「これ、泣く奴があるか」

舞弥「す、すいません……」グスッ

セイバー「それで、舞弥が使いたかった魔法とは?」

舞弥「……い、一面をお花畑に……したい……です」


359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:19:29.23 ID:ubzVd6t80
ウェイバー「お花畑……?」

舞弥「だ、だめでしょうか……?」

セイバー「いえいえ」

ライダー「花畑にしてどうする?」

舞弥「えと……その中心でケーキを食べたい……です……」

ルビー「もう!!なんて可愛いのでしょう!!!私、誤解してました!!」

舞弥「え?」

ルビー「容姿はともかく、その心は真性の乙女ですね!!」

舞弥「あ、いや……それほどでも……」

ルビー「では、早速やりましょう!!」

舞弥「は、はい!!」

ルビー「咲け……咲き乱れよ……世の理を乱せ!!!」

舞弥「―――固有結界『究極花園(マイヤ・ガーデン)』!!!」

セイバー「おぉぉ!?」

ライダー「景色が……塗りつぶされていく……!!」


367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:24:26.22 ID:ubzVd6t80
切嗣「これは……!?」

舞弥「さ、みなさん。ケーキの用意ができました」

セイバー「おぉ」

ウェイバー「美味しそう」

ライダー「いただこう」

舞弥「切嗣も、一緒に」

切嗣「あ、ああ」

セイバー「いただきます……うむ……美味だ」

舞弥「よかったぁ」

切嗣「この固有結界の能力は?」

舞弥「それは……」

ルビー「取り込んだ者の闘争心を失くさせ、無気力にさせます」

切嗣「な……?!」

セイバー「ふむ……ライダー、口にクリームがついてますよ?ふふ」

ライダー「これは恥ずかしい、ふははは」


376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:30:40.81 ID:ubzVd6t80
ウェイバー「全く、ライダーは……あはは」

ライダー「そういうなて」

セイバー「あはは」

切嗣(これは……かなり凶悪だ……)

ルビー「しかし、これだけのパーティーをこの人数だけで終わらすのはもったいないですね」

舞弥「そうですね……もっと、私のケーキを食べてほしい……」

ルビー「では、他の関係者も呼びましょう」

舞弥「いいですね」

ルビー「では、私とヒサゥー・マイヤァちゃんは少し離れますね」

舞弥「行ってきます」

セイバー「はい。お待ちしております」

切嗣「セイバー、紅茶は?」

セイバー「いただきます」

切嗣「ふふ」

セイバー「あはは」


384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:34:57.38 ID:ubzVd6t80
舞弥「さあ、行きましょう」

時臣「な、何事だ?」

アーチャー「貴様?!」

ルビー「ふふふ」


舞弥「楽しいですよ?」

桜「……」

ルビー「行きましょう。ほらほらぁ」


舞弥「パーティーです」

凛「え?」

葵「な、なに?!あなたたち!?」

ルビー「いきましょう!」


舞弥「さあ、マダム」

アイリ「な、なに……?」

ルビー「お花畑で、優雅なひと時を過ごしましょう」


388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:39:04.58 ID:ubzVd6t80
桜「姉さん!!」

凛「さくらぁ!!」

時臣「……葵……寂しかったか?」

葵「いいえ……」

アイリ「切嗣……紅茶のおかわりは?」

切嗣「もらうよ」

イリヤ「あ……」

凛「……なに?」

イリヤ「……」ギュッ

セイバー「こらこら、イリヤスフィール。仲良くしたほうがいいですよ?」

凛「……いきましょう?」

イリヤ「……う、うん」

桜「何して遊ぶ?」

イリヤ「えーと……お花のネックレスつくりたい……」

凛「いいわよ。作ろう」


396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:44:08.63 ID:ubzVd6t80
アーチャー「セイバー……あの時は素直に感謝できず……すまなかったな」

セイバー「アーチャー……」

アーチャー「お前の助けがなければ……我はこうして生きてはいなかっただろう」

セイバー「それは私も同じです」

アーチャー「……お前に似合うかわからんが……黄金のティアラだ……」スッ

セイバー「いいのですか?」

アーチャー「構わん……」

セイバー「では……どうでしょう?」

アーチャー「……似合っておるぞ」

セイバー「アーチャー……」

アーチャー「セイバー……」

ライダー「よし!!ここで大の字になって寝ようではないか!!」

ウェイバー「そうだな……はー……きもちいいなぁ」

ライダー「辛い戦いにもよくついてきてくれたな……お前は立派な勇者だ」

ウェイバー「よせよ……お前の背中に隠れてただけじゃないか……でも……ありがとう……」


403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:49:24.61 ID:ubzVd6t80
ルビー「うんうん……涙があふれてきました」ヨヨヨ

舞弥「ええ……これがあるべき姿なのかもしれませんね」

ルビー「ええ……その通りです」

舞弥「……ルビー……ありがとう」

ルビー「いえいえ……」

凛「あの……」

舞弥「ん?」

凛「この世界……あなたが?」

舞弥「いや……この杖のおかげ」

凛「あなたは?」

ルビー「マジカルルビーですよ、遠坂凛さん?」

凛「マジカルルビー……すごいのね」

ルビー「ええ。もし何か困ったことがあれば、いつでも私に言ってくださいな。愛と正義で奇跡を起こしちゃいますから」

凛「うん……そのときはお願い」

舞弥「ふふ……」


410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:56:22.14 ID:ubzVd6t80
時臣「……そういえば……聖杯はどうする?」

切嗣「僕にはもう必要がない」

時臣「それは私も一緒だ」

ウェイバー「僕も……いらないな」

舞弥「では……今回は見送りましょうか」

アイリ「そうね……解体できれば一番いいのでしょうけど……」

セイバー「……それはまた次の機会ということになりますか?」

切嗣「そういうことになるな」

セイバー「ならば……次も私を呼んでください。切嗣……この意思を紡ぎます」

時臣「ああ……それがいい」

アーチャー「ならば我も参加する……よいな、時臣?」

時臣「王が一緒ならば心強いな」

舞弥「では……第四次聖杯戦争は……」

時臣「これにて終了だ」

ルビー「お疲れ様でしたぁー」


421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:00:03.18 ID:pV6KbwfL0
旦那が見間違えるのも無理はないと思ってしまう
apocrypha_15



423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:00:19.64 ID:1aTfgcHu0
数週間後

時臣「結局、綺礼は行方不明か」

切嗣「ああ」

時臣「どこに行ったのか……」

切嗣「では、僕はこれで」

時臣「旅に出るのか……?」

切嗣「ああ……舞弥の固有結界で世界を救いたいから……」

時臣「そうか……元気でな」

切嗣「ああ」

舞弥「切嗣……」

切嗣「行こう……舞弥」

舞弥「はい……」

時臣「ふむ……」

凛「……」トテトテ


429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:05:13.66 ID:1aTfgcHu0
桜「姉さん……」

凛「ルビーは?」

桜「ここに」

凛「ルビー……」

ルビー「……え?はい?」

凛「お願いを聞いて欲しいの」

ルビー「ええ、なんでもどうぞ」

凛「……歌のうまい私にして!!」

ルビー「ほほぅ……いいですともいいですとも」

凛「またテストで笑われたくないの……だから……!!」

ルビー「その願い……しかと聞き入れましたぁ!!では、契約を……」

桜「姉さん、ファイトです!」

凛「うん!!」

ルビー(これはまだしばらく楽しめそうですね……ふふふふふ)


おしまい。


431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:06:38.78 ID:a3fOV60b0
やったああああああああああ


>>1乙!!


433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:06:59.81 ID:yenAhc510


キレイは精神的に死んだのか


434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:07:49.49 ID:ENqz2krl0
舞弥はルビー無しで固有結界展開できるようになったのかwwwww


454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:32:32.73 ID:1aTfgcHu0
~epilogue~ 

衛宮邸

士郎「……」

大河「士郎?」

士郎「ん?」

大河「いたいた。一人で平気?」

士郎「うん」

大河「切嗣さん、まだ帰ってこないね」

士郎「……だって、世界を救ってるんだろ?そんな簡単に帰ってきてもらってもこまる」

大河「そっか」

士郎「うん……それに……」

大河「それに?」

士郎「今日からここに住むって人が……」

大河「え?だれ?」


457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:36:08.53 ID:1aTfgcHu0
アイリ「ごめんくださーい」

大河「わぁ!?」

イリヤ「こんにちは」

大河「ど、どちらさま?」

アイリ「えと……切嗣の妻です」

イリヤ「娘です」

大河「それはどうも……えと……藤村大河です」

士郎「……士郎」

アイリ「貴方が切嗣の言ってた……」

士郎「……」

大河「もう切嗣さんってばいきなりこの子を引き取ってきて、すごく驚いちゃいましたよ」

アイリ「私も」

イリヤ「……シロウ?」

士郎「ん?」

イリヤ「よろしく。イリヤスフィール」


458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:39:45.05 ID:1aTfgcHu0
アイリ「切嗣とはもう何日も会ってません」

大河「そうなんですか」

アイリ「でも……あの人の夢でしかたら……少しぐらいは我慢します」

大河「そうですか」

イリヤ「しろうー」

士郎「なんだ?」

イリヤ「士郎、どっかでかけよう?」

士郎「なんでさ?」

イリヤ「いや?」

士郎「い、いやじゃないけど……」

イリヤ「ほらほら、いこうよ」

士郎「えと……」

大河「いっといでー」

アイリ「気をつけてね」

イリヤ「はぁーい」


460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:43:00.66 ID:1aTfgcHu0
士郎「……」

イリヤ「士郎?」

士郎「ん?」

イリヤ「やっと会えたね」

士郎「あ、ああ」

イリヤ「切嗣から色々聞いてたから……少しだけドキドキしちゃった」

士郎「え……?」

イリヤ「どんなお兄ちゃんだろうってね」

士郎「お兄ちゃんって……俺はイリヤのことお姉ちゃんだって聞かされてたけど?」

イリヤ「私がお兄ちゃんって言ったら、お兄ちゃんなの!」

士郎「なんでさ……?」

イリヤ「別にいいでしょ!」

士郎「まあ……いいけど」

イリヤ「あ、なんか人が集まってるよ?」

士郎「え……?」


462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:47:06.71 ID:1aTfgcHu0
凛「はぁーい!みんなぁー!!今日は私のために集まってくれてありがとー!!!」

桜「姉さん……」

慎二「……」

カレン「……」

三枝「……」

蒔寺「……」

氷室「……」

一成「……」

イリヤ「凛だ」

士郎「知り合い?」

凛「みんなのために元気いっぱい夢いっぱい歌うから、聞いてねー!!!」

凛「桜!!ミュージックスタート!!」

桜「は、はい……」ポチッ

凛「~~~~~~♪」


464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:53:49.26 ID:1aTfgcHu0
凛「―――聴いてくれてありがとぉー!!!」

慎二「……」スタスタ

カレン「……」スタスタ

一成「南無……」

美綴「なんだあいつ……面白いなぁ」

士郎「……」

イリヤ「凛!」

凛「あ、イリヤ!!」トテトテ

イリヤ「何やってるの?」

凛「何って……コンサートだけど?」

桜「あ、あの……聴いてくれてありがとうございました」

士郎「あ、いや……」

凛「誰?―――私は、ご町内無敵のアイドル、カレイド・ルビーこと遠坂凛☆」

士郎「俺は士郎。衛宮士郎。―――遠坂か……かわいいな」

凛「え……?」


466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:56:25.96 ID:1aTfgcHu0
士郎「じゃあ、行こうか」

イリヤ「うん」

凛「あ……」

桜「ありがとうございました」ペコペコ

イリヤ「どこいく?」

士郎「そうだな……」

凛「……」

桜「姉さん?」

凛「士郎ね……」

桜「どうかしたの?」

凛「ううん……別に」

ルビー「今日も最高でしたねー!!」

凛「まあね」

桜「あの……そろそろやめたほうが……」

凛「何言ってるのよ。カレイド・ルビー伝説はまだまだ始まったばかりじゃないの!!」


469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 01:00:40.31 ID:1aTfgcHu0
10年後 衛宮邸

士郎「―――って感じだったよな、遠坂との出会い」

凛「わすれろーーーー!!!」ジタバタ

桜「ふふ……あのときの姉さんはすごかったですもんね」

士郎「忘れられるわけないだろ」

セイバー「ふふ……」

ライダー「セイバー?ほら、紅茶が入りましたよ?」

セイバー「どうも」

アーチャー「ふむ……このケーキも美味だな」

ランサー「お前……こんなときぐらい、その金ぴかな鎧とれよ」

アーチャー「そうか。すまんな」

キャスター「はぁ……落ち着くわ……ねえ、セイバー?あとで着て欲しい服があるのだけれど」

セイバー「喜んで着ましょう」

アサシン「うまい……」

バーサーカー「……」コクコク


471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 01:02:53.55 ID:25kS49xzO
鯖たちが和やかだ…
微笑ましいが…何のためのサーヴァントだよw


476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 01:06:44.38 ID:1aTfgcHu0
イリヤ「まあ、今でも大した違いはないみたいだけど」

凛「なんだとぉ?!」

綺礼「よさぬか」

バゼット「ええ……ここでは言い争いも不毛ですよ?」

凛「わかってるわよ」

舞弥「……みなさん。新しいケーキができました」

切嗣(聖杯が現れたというから急いで戻ってきて正解だったな……舞弥の固有結界も10年前とは比べ物にならないほど洗練されているし……)

セイバー「今回で聖杯は解体できるのでしょうか?」

アーチャー「そうでなくては困る」

士郎「セイバー、お茶いるか?」

セイバー「いただきます」

士郎「ふふ……」

凛「ま、これも全部は……あんたのおかげか……」

ルビー「ルビーちゃんの力はまだまだ健在ですよぉ!!!」

凛「はいはい……ありがと」


479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 01:11:42.09 ID:1aTfgcHu0
バーサーカー「……」モグモグ

イリヤ「おいしい?」

バーサーカー「……」コクコク

綺礼「衛宮切嗣……」

切嗣「お前を呼べてよかった……」

綺礼「心から感謝する」

切嗣「いや……僕もお前のことだけが気がかりだったんだ」

士郎「そうだ。遠坂、一曲歌ってくれよ」

凛「えー……まあ、いいか」

ルビー「どうぞ!!」

凛「よし……久しぶりに歌うか」

士郎「俺……歌ってるときの遠坂が一番好きだな」

凛「ばか……」

舞弥(これで第五次聖杯戦争も無事に回避できた……。これからもこの世界がずっと続きますように……)

ルビー「お疲れ様でしたぁー♪」
                      END