2冊で1000ページくらいあったかな、とにかくかなりボリューム
少しずつ読んだので時間かかってしましました
普通のラノベ4冊分くらいらしいです(´・ω・`)
軽いネタばれを書いちゃうかもしれません
IMG_0655IMG_0666

とにかく2巻太すぎて序盤読みにくかった('д` ;) 

1巻に関してはちょこっと細かく原作と違いがありましたが、ほぼ一緒でしたね
管理人が気付いてないだけかもしれないけど

2巻からは違う部分が多く出てきたので楽しめました
タイムリープを他のキャラが使うのはいいね、新鮮
バレル・タイターの中身で声はダルとか想像つかなかった
オカリンがビビるのはわかる気がする
終盤の何回もタイムリープする所は原作より諦めの悪さが出てたし、
最後の着信は、より2025年の執念オカリン達が頑張ってたどり着いた感が伝わってきた
もちろん原作ありきの話ではあるんだけど、原作の方だと2025年まで頑張ったオカリン一人のお陰で2回目の救出に行けるみたいに描かれてるように感じたし


とりあえず原作をやって、もう一度物語を追いたい人向けですね
最初に円環連鎖のウロボロスを読むのはやめといた方がいいような気がする
この本然り、ドラマCD然り、全てをやり終えた後に原作をするとまた一段と楽しめるんだろうね
いわゆる原作に対するスパイス的な存在として管理人は捉えています
全ては「Steins;gate」に繋がるんでしょうね(´・ω・`)