今期アニメ豊作すぎワロタンヌwwwwwwwwwwwwww

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/10(月) 20:32:28.23 ID:e2J5i3fJ0
S Fate/Zero

A ペルソナ4 未来日記

B WORKING!! たまゆら~hitotose~ 侵略!?イカ娘

C 僕は友達が少ない ファイ・ブレイン神のパズル

D HUNTERXHUNTER2011 ちはやふる 境界線上のホライゾン 君と僕。 ましろ色シンフォニー

E ベン・トー 戦国パラダイス-極- マケン姫っ!

F C3 

G 真剣で私に恋しなさい!




ここ数年で久々の豊作か!?wwwww

72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/10(月) 20:48:14.03 ID:r3gkI/LW0
>>1 C3とマケン姫は逆ではないかと個人的に

3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/10(月) 20:33:02.87 ID:6zs/ZcD+0
だいたい合ってる

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/10(月) 20:33:09.37 ID:Aa+4BM5lP
は?

6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/10(月) 20:33:41.29 ID:ymAcoeBa0
ハンタはもう見限る人が多そう
前の方が良くできてた

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/10(月) 20:33:54.10 ID:xk7m1VdN0
見ようかなって思えるのが多いよなジャンルも様々な感じだし
続きを読む

亡環のリベリオン3巻読んだよ~

resize0263


最後綺麗に終われてよかった(*´Д`*)
スペシャルブックレットの綯さん怖い(´;ω;`)

岡部「モンハン3rdだ」紅莉栖「ふぇ!?」

1 :123 2011/09/26(月) 23:32:37.41 ID:b5h9HZ0X0
紅莉栖「私の結論から言ってしまうと・・」

紅莉栖「片手剣(笑)なんて威力のない、バカらしい代物ですねww」

岡部「な・・・」←片手剣使い

岡部「異議あり!!片手剣が弱いなんて早計だ!!」

紅莉栖「ふぇ!?」


2 :123 2011/09/26(月) 23:34:40.45 ID:b5h9HZ0X0
紅莉栖「相対的に見て、威力が低いと言ってるのですが・・」

紅莉栖「いいでしょう、今日の講演はディスカッション式にしましょう」

岡部「・・・・・」

紅莉栖「片手ww剣wwについてwww」

岡部「言ってろ」


5 :123 2011/09/26(月) 23:37:04.18 ID:b5h9HZ0X0
紅莉栖「まずは、鳳凰院さん。片手剣の特徴について言ってもらいましょうか」

岡部「機動力がいい。ガードができる。アイテムが使える。」

紅莉栖「意外と知ってるんですねwww」

岡部(こいつ絶対舐めてる・・)


6 :123 2011/09/26(月) 23:39:38.91 ID:b5h9HZ0X0
紅莉栖「まずは機動力の面について説明しましょう」

紅莉栖「斬った後すぐに回避できるなんて確かに魅力的ですね」

岡部「ふん!!」

紅莉栖「でも、そんなの双剣でも代用できます」

岡部「な!?」


7 :123 2011/09/26(月) 23:41:55.47 ID:b5h9HZ0X0
紅莉栖「双剣だったら威力高いし、機動力もいいし。鬼神化できるし。DPSが高いし」

岡部「・・・・く・・」

紅莉栖「ガードwwなんて回避がありますからwwwいらないwwですよねwww」

岡部「ぐぐぐ・・」


続きを読む

橋田鈴「久しぶりだね。岡部倫太郎」岡部「え・・・?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/25(日) 21:01:30.10 ID:Fze2PyI30
鈴「忘れてしまったかい?ついさっき、別れたばかりなんだけどな」

岡部「ま、まさか・・・」

鈴「それとも・・・バイト戦士と名乗った方がいいかな?」

岡部「お前、鈴羽か!?」

鈴「はは。お前って事はないんじゃないかな?君よりずっとずっと年上なんだけど」

岡部「え、あ、すまん・・・いや、すみません?ええっと・・・」

鈴「ぷ。あはは!!なーんて冗談だよ。昔のように・・・というのも違うのかな?君にとっては昨日の事だけど、
私にとっては・・・何十年ぶりだから・・・まぁいつも通りに接してよ」

岡部「そ、そうか・・・ちょっと・・・いやかなり違和感があるが・・・そ、それで鈴羽がどうしてここに・・・
って、あ!そうか! IBN5100を届けに!?」

鈴「うん。それも勿論あるんだけどさ。ちょっと、君に、言いたい事があるんだ・・・聞いてくれるかい?」

岡部「え?」

鈴「ちょっと目を閉じてくれないかな? 岡部倫太郎」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/25(日) 21:20:32.70 ID:Fze2PyI30
鈴「・・・チュッ」

岡部「!?」

鈴「あっはっは。それじゃ、ちょっと来てくれないかな? IBN5100を君に渡すよ」

岡部「何をしたんだ鈴羽!?今・・・」

鈴「まぁいいじゃないか。さっさと行くよ」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/25(日) 21:26:15.50 ID:Fze2PyI30
岡部「この自転車・・・」

鈴「ちょっと古くなってるけどさ。まだまだ乗れるよ」

岡部「ずっと持ってたのか・・・」

鈴「変かな? さ、じゃあ漕いでよ」

岡部「は? どこに行くのかは知らんが、まさか二人乗りでか?」

鈴「別にそんな遠くないしさ、いいじゃんか。さ、いくよ!」


続きを読む

忘却曲線のナラトロジーとか罪と罰とか色々買ってきたよ~

resize0260

表紙と全然違ういつもの画太郎先生の作品でした♪
安定した面白さ(*・ω・)ノ

resize0259

前回のアンソロより安定してるけど、前回の並行世界のシノプシスの方が好きかなぁ~

resize0261

まだ読んでません(;´Д`)
nakuraさんに勧められたので買ってみました(`・ω・´)


resize0262


iPhone4Sを予約してきたので、ついでにコンビニで買ってきました
とりあえず64Gの白!
iPhone4の残りの支払い一括にしたら3万くらい残ってた( ・Д・)

鈴羽の漫画本屋においてあったのに予約してるから買えなかった(゚д゚)、ペッ
こんなことなら予約しなければよかった('д` ;)

岡部「リーディングシュタイナー?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:34:10.41 ID:oGe7S4zR0
ダル「オカリン!僕、思い出したお!」 

岡部「どうしたダル、急に大声なんぞ出しおって……エロゲの発売日でも思い出したのか?」 

ダル「違うお!他の世界線の記憶!」 

岡部「?」 

ダル「牧瀬氏の事や僕の娘の鈴羽のこと、タイムマシンの事とか全部!」 

岡部「牧瀬?……タイムマシン?お前、さっきから何を」 

ダル「ほら、オカリンが言ってたじゃん。確か、リーディングシュタイナーだっけ?あれが僕にも発動したんだお!」 

岡部「リーディングシュタイナー?」 

岡部「……なんだ?そのセンスのない厨二ネーミングは」 

ダル「えっ?」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:41:46.12 ID:oGe7S4zR0
岡部「急に大声を上げたと思えば、タイムマシンやらダルの娘やら、訳の分からない事を言いおって……ダルよ、体調でも悪いのか?」 

ダル「ちょっ、オカリン?」 

岡部「大体なんだ、リーディングシュタイナーとは。まるでセンスがないな。ダルよ、それではフェイリスの会話に付いていけないぞ?」 

ダル「いや、名付けたのはオカリンだし」 

岡部「馬鹿な。俺がそんな名前を付ける筈がないだろう。そもそもリーディングシュタイナーとはなんだ?」 

ダル「とぼけてるの?世界線を移動しても記憶保つことが出来るって、オカリンが」 

岡部「世界線?何の話だ?」 

ダル「ま、まさかオカリン」 

岡部「何だ」 

ダル「覚えていないの?」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/29(木) 18:47:00.64 ID:oGe7S4zR0
岡部「覚えていない?何をだ」 

ダル「牧瀬氏の事とか、タイムリープマシンの事とか、鈴羽の事とか」 

岡部「牧瀬?確か、前にお前が言ってた天才少女の事か?それなら覚えているが」 

ダル「違うお!ラボメンナンバー004でオカリンの助手の牧瀬氏の事だお!」 

岡部「004?ラボメンは俺とお前とまゆりの三人だけだろうが」 

ダル「じゃ、じゃあルカ氏やフェイリスたん、桐生氏をラボメンにした事も?」 

岡部「ふむ、いいアイデアだな。あいつらをラボメンにするのも悪くないな」
続きを読む

【オカリンの携帯】斬新すぎるだろこれ 他

856 :名無しくん、、、好きです。。。 2011/10/05(水) 22:01:44.64 ID:ZpyobDDW
オカリンのケータイ
resize0257


なんだこれ



857 :名無しくん、、、好きです。。。 2011/10/05(水) 22:02:40.19 ID:dc98MUmK
7進法のケータイとか斬新過ぎるな


続きを読む

ほむら『交わした約束、忘れないよ』岡部「(´;ω;`)ブワァッ」②

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/01(水) 11:55:10.74 ID:ClrIIyCW0
―ここまでのあらすじ― 
『魔法少女まどか☆マギカ』全話一挙配信決定。 
ダル歓喜、ラボメン全員鑑賞コスプレ作戦。 
大雨で中止、と思いきや色々あって岡部と助手で鑑賞。 

以下、 
『魔法少女 まどか☆マギカ ――交わした約束、忘れないよ―― 十話』  
投下します。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/01(水) 12:00:18.58 ID:ClrIIyCW0
     ―第十話 もう誰にも頼らない― 



紅莉栖「ねえ、岡部」 

岡部「どうした?」 

紅莉栖「私たち……」 

紅莉栖「『私たちはどこかで…』」 

紅莉栖「『どこかで会ったことあるの?私と』」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/01(水) 12:02:27.27 ID:ClrIIyCW0
岡部「ブゥーッ!!」 

噴いッゲホゲホゲホ!!! 
ドクぺが噴き零れる。 
何だ!?突然どうした!? 

紅莉栖「ちょ!汚っ!」 

岡部「お前こそ、何の、真似だっ!」 

紅莉栖「……モノマネよ」 

岡部「……そ、それは『まどか』の言葉だ。 
  お前がコスプレしているキャラじゃない」
続きを読む

ほむら『交わした約束、忘れないよ』岡部「(´;ω;`)ブワァッ」①

20110222230509a95

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/30(月) 02:25:38.55 ID:J1QPXc+a0
「全話一挙配信キターーーーーーーー!!!!」 

「フゴッ!?」 

突然の大声がラボに鳴り響いた。 
その声に体はビクンッと跳ね、気持ちよく昼寝をしていた俺はその声に叩き起こされる。 
何事だ!?と辺りを見回す。 
目に映るのは二つの光景。 
一つは快晴による日の光が充分に射し込んだ綺麗なラボ。 
もう一つは椅子がひっくりかえるんじゃないかと思うほど、 
背を預け両手を掲げグルグルと椅子ごと回っている醜いダルの姿が映る。 
ふざけんな。 

岡部「おいダル!うるさいぞ!!我が眠りを妨げるとはどういう了見だ?静かにしろ!!!」 

ダル「だが断る!これが静かにしてられるかお!!あの神アニメがニコニコで全話一挙無料配信とか胸が熱くなりすぎて世界がヤバい!」 

お前がヤバいだろ……。 


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/30(月) 02:28:50.55 ID:J1QPXc+a0
岡部「落ち着け!何をそんなに熱くなることがある?アニメが全話配信されるぐらいでそこまで大声を張り上げることか? 
  わかったら静かにしてくれ……徹夜明けで俺は眠いんだよ……後お前いつからニコ厨になった?」

昨日と今日をまたいで新たな未来ガジェット制作に貴重な休みを使っている俺の苦労をわかってくれ。

ダル「オカリンはわかってないお!もはやアニメ史を超え、ネットを超え、社会現象になり、 
  いずれは世界に羽ばたくこの神アニメをまた鑑賞できるなんて……僕はニコ厨になってでも見るのを止めない!! 
  プレミアム会員にもなる覚悟が完了してるお!」 

岡部「またと言うからには以前やったアニメなんだな?ということは事前に全話録画済みなんだろ? 
  だったら家でもラボででも、いつでも見ればいいではないか。そんな騒ぐようなことか?」 

続きを読む

岡部「ハゲた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/26(月) 01:25:28.82 ID:sdYtFRcy0
 ~Laboratory~
 ~AM 04:00~

紅莉栖「…できた」

紅莉栖「【ビット粒子砲】を密かに改造し始めて48時間…」

紅莉栖「裏未来ガジェット1号、【ヘイト・アッパー】の完成よ!」


【ヘイト・アッパー】
ビット粒子砲の外見をした、全く別物のオモチャ
引き金を引くとレーザーが出る
そのレーザーを人の側頭葉に照射し続けるだけで、
その人の記憶の中にある「憎いもの」に対する感情の強さを増大させる


紅莉栖「だけど、被験者がいないことには始まらないわね…」

岡部「Zzz…」

紅莉栖「丁度いいわ。ソファで寝てる岡部で試してみましょう」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/26(月) 01:30:34.98 ID:sdYtFRcy0
 ~AM 10:15~

岡部「SERN…絶対に許さん…SERN…!」

岡部「何故だか知らんが今日はSERNが猛烈に憎い…!」

岡部「夢にまで出てくるとは、この鳳凰院凶真を愚弄するのも大概にしてもらいたいな」

GACHA!(ドアが開く音)

岡部「…誰だ?まさかSERNか!?」

まゆり「オカリン、トゥットゥルー☆」

岡部「なんだ、まゆりか…」

まゆり「そうだよ~。それよりオカリン、今日はツルツルだねぇ~」

岡部「…何のことだ?」


続きを読む
管理人について

名前:イタチぬこ

サイトについて

メールはこちら

このサイトはリンクフリーです

相互リンク・相互RSS募集中

メール、気軽にお願いします
TOP絵も随時募集してます
1040×200~400でお願いします
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ