岡部「このDメールを消したら、まゆりがマッチョになる………」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:09:42.63 ID:HtOmSbNl0

昨日暇だったので、前作

α岡部「誰だ貴様は!?」岡部(しまった!!)

の続編を書いてみました

※前作の前半に出てくる「α岡部」は全部「β岡部」の誤植です。
 今回は、その「β岡部」を「岡部」にして主人公にしたものです。
 ややこしくてすみません


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:11:06.83 ID:HtOmSbNl0


岡部(まゆりを助けるためにDメールを消し続けて、遂に最後のDメールにたどり着いた)

岡部(だが思い出した。そのメールは………)

岡部「……なぁダル、SERNに捕えられた、このメールの内容を覚えてるか?」

ダル「え? ああ、確か「ラジカンで俺が刺されたみたい」ってやつっしょ?」

ダル「さすがにあれはもう中二病ってレベルじゃないっしょ」

岡部(そう、俺のいた世界線では俺のクローンが死んで、その原因はおそらく………)

岡部「………すまない、そのメールを消すのは、今日はやめよう」

ダル・紅莉栖「!?」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:13:30.27 ID:HtOmSbNl0

紅莉栖「どうしたの、岡部?」

ダル「ちょ、ここまできてビビるとかオカリンマジチキン」

岡部「……………」

紅莉栖「………言ってみなさい、何があったの?」

岡部「………あっちの世界線ではラジ館で俺のクローンが死んでいた」

紅莉栖「クローン!? ちょっと待って、それってどういう…」

岡部「だが、問題はそこじゃないんだ」

岡部「それだけならどんなによかったことか……」

紅莉栖「!? それ以上に大きな問題があるっていうの?」

岡部「実は、あっちの世界線ではまゆりが………」

紅莉栖「………まさか、あっちの世界線でもまゆりが死んで…」


岡部「まゆりが………マッチョなんだ」

紅莉栖 ( ゚д゚)

ダル「…………日本語でおk」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 22:14:22.11 ID:HtOmSbNl0

岡部「ちくしょう、なんでだよ」

岡部「俺に、選べってのかよ………死んだまゆりか、マッチョなまゆりかを!!」ガッガッ

紅莉栖(何が何だかわからない…………)

紅莉栖「…………いや、ぶっちゃけ岡部が何を言ってるかわからないけどさ」

紅莉栖「何ていうかその、岡部にとってのまゆりっていう存在はその程度のものなの?」

岡部「!? それはどういう…」

紅莉栖「そっちの世界線でまゆりの見た目がどうなのかは知らない」

紅莉栖「でも、どんなにマッチョでも、まゆりはまゆりなんでしょ?」

岡部「!!」

岡部「………ああ、そうだったな」

岡部「何を迷ってたんだろうな、俺は」

岡部「ありがとう紅莉栖、目が覚めたよ」

紅莉栖「………あ、そう、それは良かった」

紅莉栖(何かもうツッコむのも面倒くさいわ)


続きを読む

鈴羽「君っていい奴だね」みさと「そんなんじゃないんだから!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/23(金) 00:09:50.34 ID:mpFwqe+A0
ラジ館 屋上

ウィーーーーーーーン

シュゥゥン…

ガチャ

鈴羽「よっ…」タン

鈴羽「おおー、ここが2010年の秋葉原かー」キョロキョロ

鈴羽「おっと、おじさんに連絡しないと」

ピッピッピッ

プルル プルル ガチャ

鈴羽「あ! オカリンおじさん? 鈴羽だよ~!」

鈴羽「はあ? ディストピア? 第三次世界大戦? ・・・なに言ってんの?」

鈴羽「よくわかんないけど、今からそっちいくよー! いいよね!」

ピッ

鈴羽「あ、ちゃんとタイムマシンを隠さないと」

ペタペタペタ


3 : ◆XSFF48I6qU 2011/09/23(金) 00:18:26.14 ID:mpFwqe+A0
あ、シュタゲと日常のクロスSSです


6 : ◆XSFF48I6qU 2011/09/23(金) 00:20:15.76 ID:mpFwqe+A0
時定高校 廊下

みさと「ちょっと笹原! こういうことされると迷惑なんだけど!」

笹原「どうしたのだ、立花みさとよ。朝からかしましいな」

みさと「あんた自分が何やったか覚えてないの!? ほら、これ!」

笹原「おお、それは私のハンカチではないか。拾ってくれたのか?」

みさと「~~~~!」///


ドーン!


みさと「べっ、別にそんなんじゃないんだから! 学校の廊下にゴミを捨てるなって言ってるのよ!」///

笹原「」

執事「………」フキフキ

笹原「ともかく、手を煩わせてすまなかったな。感謝する」

みさと「ふ、ふん! 今度から気をつけてよね!」///


ウェボシー「朝からアツアツだなー」

フェっちゃん「ヒューヒュー」


続きを読む

鈴羽「シュタインズクエスト?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 17:59:59.83 ID:rMnDulFoO
ダル「ついに…出来たお…」

紅莉栖「やった…わね」

岡部「ククク…この瞬間をどれだけ夢見たことか…」

――これで、世界のゲーム業界は間違いなく混沌の坩堝に飲み込まれる事だろう。
俺達の開発した、次世代体感型ゲームによってな!

岡部「未来ガジェット16号機、バーチャルガール…ここに完成を宣言するっ!」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 18:01:09.24 ID:rMnDulFoO
“牧瀬氏の発明した、未来ガジェット13号機(名称未決定)の技術を応用して
逆にユーザーがネットゲームの世界に入り込む事が出来るんじゃね?”

というダルの発言から、今回の壮大なプロジェクトは始まった。


そして、開発開始からはや4ヶ月。

とうとう俺たちは仮想現実…ファンタジーの世界を旅する事が出来る夢のマシン
未来ガジェット16号機「バーチャルガール」を発明するに至ったのであった。

ちなみにゴーグル型である。


続きを読む

岡部「俺が、バーナビーに?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 12:33:49.97 ID:AxZGJovCI
フェイリス「そうニャン。バーナビー・ブルックスJrの代役、やってほしいのニャン」

岡部「一体何故俺がそんなことをせねばならんのだ!」

フェイリス「世界に選ばれし英雄バーナビー……彼は今自分と戦っているのニャン。その間、彼の居場所を守れるのは凶真だけなのニャン!」

岡部「なぜお前はそんな話を知っているんだ?」

フェイリス「実はフェイリスは先祖代々ヒーローに協力してきたのニャン!」

岡部「ここははぐらかさずに答えて欲しいポイントなんだがな? 個人的な付き合いでもあるのか」

フェイリス「もう、乙女のプライベートを詮索する男はモてないニャン」

フェイリス「それにタダなんて言わないニャン。やってくれるなら凶真の領域(テリトリー)に極寒の息吹(ヘルブリザード)を与えるニャン」

岡部「何ッ!? 極寒の息吹を、だと」

フェイリス「もちろん、それとは別に日給を支払うニャン」

岡部「うーむ……」

岡部「いいだろう。結ぶぞ、その契約!」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 12:38:40.27 ID:AxZGJovC0
虎徹「コイツがバニーの代役ですか? どんな能力を持つNEXTなんです?」

岡部「別に俺はNEXTじゃ……」

ロイズ「いや、君はNEXTだよ。検査結果も出ている」

岡部「馬鹿な!?」

ロイズ「しかし肝心の能力は、本人が使ってみないと分からないね」

虎徹「でもこいつ、今まで自分がNEXTだって知らなかったんですよね。戦えるとは思えませんよ」

岡部「俺はバーナビーのスーツを着ろとしか聞いてませんよ。戦うなんて無理です」

ロイズ「分かってる。バーナビーの体格にあって、かつNEXTという条件だけで探したから……戦闘に出てもらうつもりはない」

ロイズ「あくまでバーナビーが復帰するまでのつなぎだから」

虎徹「なんか不安だなぁ……」

ロイズ「文句言うならやめてもらっても……いや、今は困るか」

ロイズ「とにかく、よろしく頼んだよ」

虎徹「ちょ、ロイズさん!」


続きを読む

紅莉栖「メールで告白しちゃう男の人って…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:37:19.85 ID:EhRHxj58O
電話レンジ(仮)の爆発事件から1週間。

Dメールを研究していた頃の熱気は過ぎ去り、俺たちはただ
ダラダラと夏休みを過ごしていた。

ガランとしたラボ内。

今日は、まゆりが補習授業、紅莉栖は講習会、ダルはメイクイーンで行われているイベントに行ってしまい
ラボの中には俺だけが残されていた。

となれば、一人残された俺がやる事といえば一つしかあるまい。

談話室に置かれたティッシュ箱から、ティッシュを3枚ほど抜き取る。

岡部「…うむ、準備は万端だ…」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:39:31.76 ID:EhRHxj58O
俺はX68000の前に座り、ネットの海から、女の子達のあられもないあんな画像やこんな画像を探した。

ほどなくして、我が頼れる息子が反応する画像が見つかり
俺はズボンからなにを取り出し、画面を見ながら手で刺激し始める。

岡部「うっ……くうっ……」

刺激を始めて数分、俺は今にも達してしまいそうだった。

この画像…けしからんな……。

実にけしからん…。

あ、もうダメだこれ……。


続きを読む

紅莉栖(91)「助手ってゆーな」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 18:34:11.48 ID:2UVZ2E+p0
岡部「…なあ、ばあさんや」

紅莉栖「何ですか、あなた」

岡部「飯はまだか?」

紅莉栖「さっき食べたでしょ」

岡部「そうか」

紅莉栖「はい」

岡部「話し変わるが昼飯は何だ」

紅莉栖「話変わってねーよ」



――2079 10/7 13:02――


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 18:38:20.86 ID:2UVZ2E+p0
岡部「なぁ助手」

紅莉栖「助手じゃありませんよ」

岡部「そうか」

紅莉栖「はい」

岡部「では取手よ」

紅莉栖「とりで? 助手でしょ。活字でしかできないボケをかまさないでください」

岡部「そうか、すまない助手よ」

紅莉栖「違います」

岡部「そうか」

紅莉栖「………」

岡部「なぁセレセブ」

紅莉栖「よりにもよってそれですか。もうセブンティーも超えてるってのにそれですか」


続きを読む

岡部「まゆりがグレてしまった……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 22:10:17.97 ID:+VfuET+c0
紅莉栖「どうしたの、岡部?浮かない顔してるけど」

岡部「助手、か……」

紅莉栖「だから助手じゃ無いっていっとろーが!で、何があった」」

岡部「まゆりがグレてしまった……」

紅莉栖「はぁ?」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 22:12:02.67 ID:+VfuET+c0
紅莉栖「何馬鹿な事いってるの?あんな良い子がグレる訳ないじゃないの」

岡部「だが……事実だ」

紅莉栖「はいはい妄想乙。本当にそうだっていうなら何か証拠は?」

岡部「これだ……」

紅莉栖「これは……MP3プレイヤー?これがどうしたってのよ」

岡部「中に入ってる曲を聴いてみろ……」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 22:15:25.50 ID:+VfuET+c0
参考曲


紅莉栖「うるさッ!?え、嘘?まゆりってこういうの聞くの?」

岡部「まゆりが……こんな曲を聴く訳がない……」

岡部「間違いなく……グレた……」

紅莉栖「で、でも元からこういうのが好きだったとか、たまたまこれが入ってたとか……」

岡部「そうだったら良かったんだがな……」


続きを読む

岡部「バイト戦士…お前、今のやつ…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 20:03:00.95 ID:O/6aNz67O
鈴羽「ふんふーん。 ニャンニャンニャーン、っと」

鈴羽はソファからピョンと立ち上がると、妙な歌をうたいながら、冷蔵庫の中からダルのコーラを取り出した。

鈴羽「んニャー。 やっぱ炭酸飲料はコーラだよねぇー。 うまいわ~!はふぅー…」

それを見て俺は思った。こいつ、もしかして…。

岡部「なぁ、バイト戦士よ? 今の歌うとこからの流れ、もう一回やってくれないか?」

鈴羽「え、えーっ。 やだよ恥ずかしい」

岡部「頼む。 この通りだ」

俺は頭を下げる。

鈴羽「あ、頭上げてよ~! むう…。困ったなぁ…」


続きを読む

形而上のネクローシスとかホライゾンの続きとか買ってきた

resize0310

で~ん!!

買ってきたのはいいのですが、実は・・・・ 
続きを読む

岡部「まゆり……流石に眉毛が太すぎないか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 00:50:32.76 ID:oUmJXFn20
まゆり「えー?オカリン、急にどうしたの?」

岡部「いや、お前も一応年頃の娘だからな。もう少し身だしなみに気をつけてはどうだ?」

まゆり「……。まゆしぃ、そんなに変かなぁ?」

岡部「まぁ、変という訳では無いが。もう少し細くしたほうが良い気がするぞ」

まゆり「うーん、寝る前と朝に処理してるんだけどなぁ」

岡部「なん……だと……?」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 00:53:40.91 ID:oUmJXFn20
紅莉栖「ちょ、ちょっと岡部!いきなり女の子に何言ってんだ!」

岡部「い、いや!俺は良かれと思ってだな!」

ダル「そ、それよりまゆ氏。マジで一日2回処理してるん?」

まゆり「そうだよ、ダルくん。まゆしぃはマメなのです」

紅莉栖「え?嘘、ほんとに?」

まゆり「まゆしぃ、ちょっと毛が伸びるの早いかも」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 00:55:42.24 ID:oUmJXFn20
まゆり「うーん。でもオカリンはもうちょっと細い方が好みなのかな?」

岡部「あ、いや、そういう訳でも無いんだが」

まゆり「ちょっと眉毛弄ってくるねー」

紅莉栖「ちょ、ちょっと、まゆり!」

ダル「これはもしや……」


続きを読む
管理人について

名前:イタチぬこ

サイトについて

メールはこちら

このサイトはリンクフリーです

相互リンク・相互RSS募集中

メール、気軽にお願いします
TOP絵も随時募集してます
1040×200~400でお願いします
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ