セイバー「……………………」切嗣(セイバーがテレビ見てる)

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:11:03.21 ID:Cy2S9xvU0
アインツベルン城

セイバー「……」ジーッ

切嗣(珍しいな……どんな番組をみているんだ……?)

切嗣「……」ソーッ

テレビ『ほむらちゃん!!』

切嗣(アニメ……?)

セイバー「……」ジーッ

切嗣(サーヴァントも随分と俗だな)

テレビ『まどかぁー!!!』

セイバー「……」ジーッ


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:13:07.68 ID:Cy2S9xvU0
翌日

アイリ「セイバー?」

セイバー「……」ジーッ

アイリ「あ、テレビ見てたの?」

セイバー「……」ジーッ

アイリ「……」

テレビ『ツインエンジェルにおまかせ!!』

アイリ「アニメなんてみるの?」

セイバー「……」ジーッ

アイリ(随分と真剣……邪魔しちゃわるいわね)

テレビ『エンジェルトルネード!!!』

セイバー「……」ジーッ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:15:08.35 ID:Cy2S9xvU0
翌日

イリヤ「セイバー?」

セイバー「……」ジーッ

イリヤ「ねえ、セイバー?」

テレビ『キュアブラック!!』

イリヤ「……」

セイバー「……」ジーッ

イリヤ「もういい」トテトテ

テレビ『キュアホワイトぉぉ!!』

セイバー「……」ジーッ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:17:14.02 ID:Cy2S9xvU0
翌日

切嗣「じゃあ、言ってくるよ」

アイリ「気をつけてね」

切嗣「ところでセイバーは?」

アイリ「まだアニメみてる」

切嗣「そうか……」

アイリ「今はコレクターユイっていうのをみてるわ」

切嗣「わからないな」

アイリ「私も」

切嗣「何かあったらすぐに連絡してほしい」

アイリ「わかったわ」


続きを読む

イカ娘「捨てられたでゲソ」凛「なんかいるわね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/18(火) 18:45:17.19 ID:TSCn7D/n0
千鶴「ごめんね?」

栄子「悪いな」

たける「イカ姉ちゃん……」

イカ娘「な、なんでこんな段ボールに……」

千鶴「海の家が経営不振でね……」

栄子「もうお前を養ってやれないんだ」

イカ娘「ちょ……」

千鶴「いい人に拾ってもらってね?」

イカ娘「待ってくれなイカ!!」

栄子「じゃあな、楽しかったぜ?」

イカ娘「嫌でゲソ!!!捨てないでくれなイカ!!!」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/18(火) 18:49:13.41 ID:TSCn7D/n0
イカ娘「………捨てられたでゲソ」

イカ娘「い、いや。私は地上を侵略しに来たのでゲソ!!晴れて自由の身じゃなイカ!!」

イカ娘「これからは自由気ままに地上を侵略してやるでゲソ!!」

イカ娘「あーっはっはっはっはっは!!!」

イカ娘「―――とりあえず、これからのことを考えないといかんでゲソ」

イカ娘「拠点は必要でゲソ……」

イカ娘「早苗……は危険。シンディーも危険。清美には迷惑をかけられないでゲソ」

イカ娘「……はぁ」

凛「ってことがあったのよ」

桜「へえ、そうなんですか」

凛「……ん?なんかいるわね」


続きを読む

凛「パソコンって何が出来るの?ただの箱でしょ?」セイバー「同意」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:00:59.50 ID:/q8SdcP80
学校

蒔寺「でさぁ、昨日ユーチューブでみた動画がすごくってさぁ」

氷室「ふむ。蒔の字の評価は当てにならんが」

三枝「どんなの?」

蒔寺「それがさ、普通の高校生が登校中にいきなり女の人を、あ、この女は美人で外人な」

氷室「どうでもいい」

蒔寺「なんと!!―――殺しちゃうんだ」

三枝「それがすごいの?」

蒔寺「ゆきっち、見てないからそういえるんだ」

凛「……」

凛(何の話してるんだろう)

美綴「遠坂?どうかしたか?」

凛「いえ、別に」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:05:02.70 ID:/q8SdcP80
凛「……」スタスタ

凛(お腹すいた)

士郎「遠坂」

凛「あら、衛宮くん」

士郎「今日、家に来てくれないか?」

凛「どうして?」

士郎「藤ね……藤村先生が話したいことがあるって」

凛「ふぅん……」

士郎「いいか?」

凛「ええ、構わないわ」

士郎「悪いな」

凛「いいわよ」

凛(どうせどうでもいいことなんだろうけど)


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:09:08.45 ID:/q8SdcP80
夕方 衛宮邸

凛「ただいまー」

士郎「セイバー、いるかー?」

セイバー「おかえりなさい、シロウ、凛」トテトテ

士郎「腹減っただろう、すぐにご飯の準備するからな」

セイバー「はい。お願いします」

凛「私の分もね」

士郎「はいはい」

セイバー「ところで、シロウ。昼過ぎにこのような物が届きました」

士郎「なんだ……?段ボールだな」

凛「誰宛?」

セイバー「シロウです」

士郎「俺?差出人は?」

セイバー「大河です」

士郎「藤ねえ?なんだ……?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:13:47.46 ID:/q8SdcP80
凛「とりあえず開けてみましょうよ」

セイバー「シロウ、よろしいですか?」

士郎「ああ、たのむよ。俺は食事の支度するから」

セイバー「わかりました」

凛「えっと……」ザクザク

セイバー「何が入っているのでしょう?」

凛「なんか衝撃緩和材で包まれてるわね」

セイバー「凛、気をつけてください」

凛「はいはい。―――よっと」

セイバー「これは……テレビ?」

凛「みたいね」

セイバー「大河は新しいテレビがほしかったのでしょうか?」

凛「どうなんだろう……とりあえず、電源をいれてみる?」

セイバー「ですね」



続きを読む

セイバー「アーチャー陣営がおかしいと?」アイリ「ええ。なんか変」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:21:38.81 ID:ubzVd6t80
セイバー「何か動きが?」

アイリ「わからないわ……今、切嗣が探ってくれてるみたいだけど」

セイバー「ふむ……気になりますね」

アイリ「ええ……不安だわ……」


―遠坂邸―

時臣「いけません!!王よ!!」

アーチャー「何をいう。我の行いに口を挟めるだけの器量など、貴様は持ち合わせてはおらんだろう?」

時臣「それだけは!!どうかそれだけは!!!」

アーチャー「くどいぞ!!我の審美眼を疑うか?」

時臣「ですから……!!」

アーチャー「ふふ……さあ、この宝具がどんな力を持っているのか、見極めてやろう!!」

時臣「あぁぁ……!!!」

「―――だれですか?私の眠りを妨げるのはぁ……?」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:25:52.94 ID:ubzVd6t80
アーチャー「む……?」

「おんやぁ?」

アーチャー「貴様……口が利けるのか?」

「ええ、ええ。そういう貴方はどこの馬の骨で?」

アーチャー「ほう……玩具の癖に言ってくれるな。一度は許すが二度目は無いぞ?」

「あら、怖いですねえ。で、どこの路傍の草ですか?」

アーチャー「……」

時臣「王!!今すぐそのステッキを捨ててください!!この世の害を形にしたようなものです!!」

「酷っ!?」

アーチャー「お前……名はあるのか?最後の言葉として聞いてやらんことも無い」

「ありますよ?でも、あまりに高尚なんで、あなたのような傲慢な人に教えるのは気が引けますねえ」

アーチャー「……」

時臣「うおぉ……?!」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:30:42.60 ID:ubzVd6t80
アーチャー「貴様……我が誰が知らんようだな?」

「貴方も私を知らないでしょう?」

アーチャー「我はこの世の王!!ギルガメッシュなるぞ!!!」

「メインディッシュ?随分とお腹が空きそうな名前ですね」

アーチャー「……」

時臣「王!!早く手放してください!!」

アーチャー「許さん……」

「ん?」

アーチャー「我をここまで弄したこと……死をもってしても償えんぞ!!」

「あら?怒りました?ごめんなさい」

アーチャー「謝罪はおろか命乞いも耳には入らん!!」

「えー?なんて耳の遠いお方なんでしょう。ルビー、困ってしまいます」

アーチャー「死ね!!!玩具がぁぁぁ!!!!」

ドォォォォン!!!

ルビー「あーれー」


続きを読む

岡部「ネタが思いつかん……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:06:36.71 ID:GruI7hr70
岡部「はぁ……」

紅莉栖「どうしたの?ため息なんかついちゃって」

岡部「ネタが……アイデアが思いつかんのだ」

紅莉栖「ネタ?未来ガジェットの?」

岡部「いや、SSのだ」

紅莉栖「はぁ?」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:11:06.24 ID:GruI7hr70
紅莉栖「何言ってるのか意味不明なんだけど」

岡部「何度も言わせるな。シュタゲSSのネタが思いつかないと言っている」

紅莉栖「最近やけにPCに張り付いてると思ったら、お前SS書いてたのか!」

岡部「やってみると意外と面白いものだぞ」

紅莉栖「ち、ちなみにどんなSSを書いた事あるの?ギャグ系?シリアス?」

紅莉栖「も、もしかしてオカクリ、とか……?」

岡部「ハァ?助手よ、頭がおかしくなったのか?」

岡部「狂気のマッドサイエンティスト、この鳳凰院凶真が正道のオカクリなど執筆する訳が無かろう」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:14:46.05 ID:GruI7hr70
紅莉栖「な、なによ!正道、王道の良さが分からないとか、岡部の方こそ脳に異常があるんじゃないの!?」

岡部「ククク、だから助手は天才止まりなのだ!」

紅莉栖「な、何ですって!?」

岡部「確かに王道は王道であるが故に面白い、それは認めよう」

紅莉栖「なら何も問題無いじゃないの」

岡部「だが一つ、大事な事を忘れている」

紅莉栖「大事な事?」

岡部「ここは……何処だ?」

紅莉栖「何処って、そりゃ@ちゃんのVIP板で……ハッ!?」

岡部「そう……VIPで王道とは即ち邪道ッ!!」


続きを読む

Steins;gateブルーレイ6巻届いた

resize0314

届いたよ~(*・ω・)ノ続きを読む

岡部「まゆりルート経由でシュタインズゲートに到達したら修羅場になった」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 12:26:56.49 ID:+/iQlOsS0
岡部(紅莉栖の事を諦め、まゆりと共に生きていこうと決めて俺はまゆりに告白した)

岡部(まゆりも喜んで俺の告白を受け入れてくれた。そして初めてのデート当日、鈴羽から例の電話がかかってきた)

岡部(紅莉栖を助ける事が出来るかもしれない。俺はその賭けに乗った。思えば、あの時、初デートを邪魔されたまゆりはどこか不機嫌そうだった……)

岡部(そして紅莉栖をこの手で殺し一度の失敗を経て、自ら刺される事を代償に俺はこの未知の世界線シュタインズゲートに到達した)


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 12:35:52.74 ID:+/iQlOsS0
岡部(ナイフで刺された俺は直ぐに入院する事になった。入院中は周りの世話を全てまゆりにして貰った)

岡部(その礼として、俺は退院後にまゆりと一緒に買い物に付き合うと約束をした。あの時のまゆりはとても楽しそうに笑っていた)

岡部(退院後、約束通りにまゆりと買い物をした。秋葉原の街を色々と周り、中々楽しかった)

岡部(問題はその帰り道だった。俺はあいつと、紅莉栖と偶然再会した)

岡部(まさかまだ日本に居るなんて思ってもなかった。とっくアメリカに帰っているのだと)

岡部(だが、あいつはずっと俺に礼をしたいと、その一心で一月近くも探し回っていた。俺は気づけば紅莉栖を抱き締めていた……繋いでいたまゆりの手を離して)


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/13(日) 12:49:08.51 ID:+/iQlOsS0
岡部(俺は紅莉栖と大事な話があると言ってまゆりを先に帰らせた。以外と素直にまゆりは俺の言葉に従ってくれた……しかしここで気付くべきだった。あの時まゆりは俺ではなく、紅莉栖の顔を無表情でじっと見つめていた事に)

岡部(紅莉栖と二人になり、俺は彼女をラボに招いた。ダルはフェイリスに会いに行っていた為、ラボには誰もいなかった)

岡部(ラボに付いた時点で紅莉栖は何故か懐かしいと感じると言っていた。リーディングシュタイナーは誰しもが持つ能力だと、俺は確信した)

岡部(俺が移動してきた数々の世界線、タイムマシン、リーディングシュタイナー、俺は彼女に全てを思い出して欲しい為にそれらの話をした)


続きを読む

5pbライブレポ、コミケ81情報 等

500 :名無しくん、、、好きです。。。 2011/11/22(火) 14:22:15.04 ID:kpxdCrbn
【フロンティアワークスブース】コミケ81「シュタインズ・ゲート」情報
Screenshot_1

http://steinsgate.tv/blog/2011/11/22/000127.html
ドラマCD 2011Winter
2012ウィンターカレンダーポスター
冬コミセット(仮題)
ヘッドホン
パーカー
ニット帽



512 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/11/22(火) 15:54:05.89 ID:cIG+e229
冬コミにヘッドフォン…?跳べよぉおおおってなれそうなのか?


513 :名無しくん、、、好きです。。。 2011/11/22(火) 18:02:00.77 ID:h5JdpYP8
>>512
マイフォークの出来を見るにちょっと心配な俺

で、ニット帽ってのはもちろん十円ハゲを隠してたアレですよね!?



続きを読む

拓巳「秋葉原に行こう」岡部「ラボメンを募集するか」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 17:40:45.07 ID:POxbfsEh0
拓巳「今日は秋葉原に行こう」

梨深「タク出かけるの?」

拓巳「うわぁ!い、いつからいたの?」

梨深「おはよ、タク!」ビシィ!

拓巳「か、勝手に入って来ないでよ…」

梨深「ごめん…鍵空いてたから…たはは」

拓巳「……」

梨深「たはは…そ、それより!出かけるんだよね?あたしも行っていいかな?」

拓巳「あ、秋葉原に行こうと思って…」

梨深「へぇ~休みの日にタクが出かけるなんて珍しい…」

拓巳「き、今日は秋葉に行きたい気分なんだよ!」

梨深「そっか。じゃあ行こ!」

拓巳(何時の間にか梨深も行く事になったでごさる…)

梨深「ほら、タク!早くぅ~」

ガチャ


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 17:41:45.28 ID:POxbfsEh0
岡部「そろそろ、新しいラボメンを募集しよう」

紅莉栖「岡部?」

岡部「クリスティーナ、ラボメンを募集しよう!」

紅莉栖「え!?なんでまた急に?」

岡部「最近、研究がマンネリ化している!ここらで新しい人材を取り入れれば研究の幅も
拡がるに違いない!」キリ

紅莉栖(研究ってあの変なガジェット作ること…よね?)

岡部「それに…俺もいつまでも、ここにいるわけにはいかない」

岡部「俺やダルが卒業した後、まゆりやルカ子が淋しくならぬよう!今からラボメンを増えしておかねば!」

紅莉栖「ふ~ん(なんだ結局まゆりの為か…)」

岡部「な、なんだと言うのだ!?」

紅莉栖「別に?まぁ、そう言うことなら手伝ってあげてもいいわよ?」

岡部「??…そうか…では早速出かけるとしよう。助手よ」

紅莉栖「はいはい…って助手でもクリry…ちょ、おいてかないでよ!」

ガチャン


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 17:43:54.71 ID:POxbfsEh0
拓巳「ふぅ…やっと着いた」

梨深「やっぱり、人多いね。ってタク!?大丈夫?」

拓巳「うん、ちょっと…休憩しない?」

梨深「了解」ビシィ!

拓巳「じゃあ…マクディでいいか…」

ガシャー

拓巳(うわ…人多いな…やっぱり休日に家をでるんじゃなかったorz)

梨深「うわぁ、混んでるね。とりあえず注文して席探さないと…」

拓巳(ふぅ…なんとか座れた)

???「あ、おにぃ!」


続きを読む

紅莉栖「肝試し大会とかw」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 17:02:02.93 ID:36/V/7SgO
倫太郎「なに? 肝試し大会……だと?」

俺の聞き返しに、ルカ子は、コクコクと頷いた。

るか「は、はい。 その……うちの神社が秋葉原の街興しイベントとして主催するんですけど…」

神社が肝試し大会を主催するとは、なんとも身も蓋も無い話だ。

しかも、随分季節はずれじゃないか?

まあ、こいつの父親ならば、やりかねないか…。

倫太郎「それで……いつやるんだって?」

るか「えっ? 凶真さん、もしかして参加してくださるんですか?」

倫太郎「……いや、まだ決まった訳ではない。 他のラボメン次第だろうな」

るか「そう、ですか…。 あの、パンフレットを置いておくので、皆さんにもよろしくお伝え下さい」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 17:03:45.20 ID:36/V/7SgO
差し出されたパンフレットには、おどろおどろしい赤文字で開催日時や場所などが書き連ねられていた。

それを受け取って、端から端までザッと目を通してみる。

日にちは来週の土曜日……場所はラジ館……か。

他には、下手すぎて逆に怖い、ろくろ首?のイラストが右下のスペースを独占している。

…恐らくはルカ子が書いたのだろう。

これは在る意味評価に値する。 見るものに疑問と恐怖を同時に投げかけるという呪いの絵だ。

車の運転中などに見ると、必ずや交通事故が発生するだろう。

まさか、ルカ子も“機関”の放つ絵画系の能力者だとでも言うのか?

いや、それはないな。 ないない。 だってルカ子だ。

……ただ、このパンフ一つをとってみても、漆原親子の頑張りが目に浮かぶ。


続きを読む
管理人について

名前:イタチぬこ

サイトについて

メールはこちら

このサイトはリンクフリーです

相互リンク・相互RSS募集中

メール、気軽にお願いします
TOP絵も随時募集してます
1040×200~400でお願いします
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ